インド国鉄ウェブ予約 2016年アップデート

昨年、インターネットによるインド国鉄の予約について、当サイトの記事「インド国鉄のウェブ予約 2015年アップデート」にて情報を追加した。

当時は、上記リンク先に書かれている方法にて、いったんcleartripとIRCTCのアカウントを結合させれば、あとはいくらでも他の鉄道予約を実行することが出来たのだが、このたび一部変更が生じている。すでにご存知の方も多いかと思うが、念のため本日追記しておくことにする。

この変更とは、前述のcleartripとIRCTCのアカウントを結合済みのユーザーが、これから新規に予約する場合が対象となるので、まだそうした手続きをしていない場合は読み飛ばしていただいて構わない。

手順はこれまでと同じ。予約する列車を選択して、支払確定画面に進む前に、氏名や年齢等を記入する画面が出てくる。ここで携帯電話番号の記入を求められるのだが、欄にはCountry codeと書かれているにも関わらず、その下の注意書きには、インドの携帯電話番号を入力するよう記してある。

インドの携帯電話番号をお持ちならば、それを入力すればよいだけなので問題ない。だがこれを所持していない場合、他国の国番号の携帯電話番号を入力すると、はじかれてしまう。

インドの携帯電話番号をお持ちでない場合は、ここが関門となる。

しかしここで諦める前に、スマホのcleartripアプリで試していただきたい。

スマホのアプリについては、予約手順はPCサイトと同じであること、画面はもっとシンプルであることから、ここでの説明は割愛させていただく。

さて、スマホのcleartripアプリで手順に沿って進めていき、PCサイトと同様に、氏名や年齢等を記入する画面が出てくる。ここには以前登録した私の携帯電話番号が最初から表示されており、これはインドの携帯電話番号ではないのだが、特に問題なく次の画面に進むことができる。

従前は、ここから支払い画面に入るところであったが、もうワンステップ追加されていた。現在は支払手順が変更になっていることと、以前cleartripアカウントと接続されたIRCTCサイトのIDが表示されており、そのIDのパスワードを覚えているかどうかという、二択の問いがある。

ここで、IRCTCのパスワードを記憶していないと、おそらくIRCTCパスワードを再発行してもらうか、新たにIRCTCアカウントを取得して、再度cleartripアカウントと結合させなくてはならなくなるのだろう。

ここで、記憶している、という選択肢をクリックすると、ようやく支払画面に辿りつき、クレジットカードでの支払手続きをすることになる。

少々注意が必要なのは、この支払手続を済ませてから、その次の段階でIRCTCの画面が立ち上がり、そこでIDとパスワードを入力し、認証されてから、ようやく発券となる。

文字のみで説明すると、少々わかりづらいかもしれないが、既にcleartripサイトにて、インド国鉄予約をしたことがある方が対象なので、順を追って手続きしていただければ、容易に理解いただけることと思う。

なぜPCサイトではインドの携帯電話番号の入力が求められ、スマホのアプリでは必要ないのかについてはよくわからないが、PCはネットカフェのように不特定多数の人々が用いるケースが少なくないが、通常、スマホの場合は家族・友人などと貸し借りすることはあっても、基本的には名義人本人が所持しているはずだろうという解釈なのではないかと思う。

ただし、インド国鉄のウェブ予約方法については、しばしば変更があり、ゆえに当サイトでもそれらの変更についてアップデートをしている。本記事内容は2016年8月28日現在のものであり、今後も何かしらの変更が追加される可能性はある。

This entry was posted in column, IT, railway, society, travel. Bookmark the permalink.