バンコクの公衆電話

バンコクの公衆電話

昔、よく見かけたのは、全体が銀色のものだったと思うが、今も大きな通り沿いでは健在の公衆電話。

クルマやトゥクトゥクの音が煩いので、こういうところからかけると、相手の声がよく聞こえなくて困ったことを憶えている。

今は誰でも携帯電話を持っているので、公衆電話を使う人の姿はほとんどみかけない。たぶん、新規に設置することはないのだろう。

携帯電話といえば、タイでは空港でも幾つかの通信会社がSIMを販売しており、旅行者など一時滞在者用のプリペイドプランで、その場で購入することができて便利だ。

インドのように書類を記入したり、パスポートの写しや滞在場所についての証拠?的なものを提出したりする必要もなく、数十秒で手続き完了して、即開通となる。

This entry was posted in column, greater india, life, society, travel. Bookmark the permalink.