Ladies Only のタクシー登場!

 すでに「女性オートリクシャードライバー」は出現しているデリーだが、昨年12月からは女性タクシー運転手も登場し、首都の玄関口インディラ・ガーンディー空港でお客を待っている。
ここ近年性犯罪の増加しており、昨年は外国人女性旅行者がこうした被害に遭うケースがいくつもニュースにのぼったこともあり、中央政府の観光省のイニシャティヴによるものである。だが外国人を含めた女性たちが安心して利用できるサービスとしてのみならず、観光という主要産業の中で、女性たちの就労機会や地位向上を目指すプログラムにも連動するモデル事業らしい。
 昨年12月の操業開始時に導入されたのは9台ということで台数に限りはあるものの、国際線で夜遅くデリーの空港に到着された女性の方は、これが利用できるかどうかちょっと確認してみるのもいいかもしれない。ちなみに近々ムンバイーやハイデラーバードでも同様のサービスを開始予定とのことだ。
 個人的には、私もぜひ凛々しい女性ドライバーとおしゃべりを楽しみながら夜の街をドライブしてみたいのだが、残念なことにこれは女性のみを対象にしたサービスである。
 本題から逸れるが、このニュースは下記にリンクしたカタールの英字紙「The Peninsular」のウェブサイトでも掲載されており、インドの首都に登場したLadies Onlyのタクシー事業の今後の成り行きは国際的にも注目を浴びている(?)のかもしれない。
All-women taxi service launched in New Delhi (The Peninsular)
India’s first women taxi service launched (MSN India)

This entry was posted in column, society. Bookmark the permalink.