カーンケールのオートワーリー

田舎町なのにオートワーリー(女性のオートドライバー)がいた。呼び止めてちょっと話を聞いてみることにした。
女性運転手による女性客のためのオートとのことだ。まだ数は多くないが、仲間たちはみんな頑張っているとのこと。この人は運転手になって7ヶ月経つそうだ。
政府が音頭取ってのプロジェクトとのことだが、これは良い試みだ。
それでは、気をつけて運転してください!

Posted in column, economy, life, pickup, security, society, travel | Leave a comment

女性による女性のための仕立屋

カーンケールの宿の近くに女性だけが働いている仕立屋があった。
サーリーの上に赤の縞柄のカーディガンを羽織っている人が始めた女性だけのテーラー。インドで仕立屋さんといえば男性の仕事だが、こういう華やかな仕立て屋さんがあると面白い。現在15人でバンバン営業していますとのこと。受注するのは女性衣類のみとのことだ。

「デーワンガン・レディース・テイラース」という名の仕立屋

Posted in column, life, security, travel | Leave a comment

ドンデン返し

カンケールの宿の上階に入っている映画館で「ZERO」の入場時間を待っていた。
係員が来て、ごくわずかしかいないお客たちに告げる。
「え〜、本日の『ZERO』の上映は中止となりました。」

それで踵を返して去ろうとするので、お客たちが詰め寄る。
「で、どうするんだ?」
係員は涼しい顔で告げる。
「お客さん少ないもので。SIMMBAに振り替えてもいいですが、どうします?」

そんなわけで、すでにSIMMBAを観た人は払い戻しを受け取り、私は仕方なくSIMMBAを観ることに。
ポリスもののアクション映画。ちょっと気が進まなかったが、観た結果、やはりどうもなぁ・・・という感じだった。
ストーリーが終わると、すぐにバタバタと席を立って帰途につく潔さはインドどこでもそうだが、制作クレジットが流れる前のところで、上映をブチっと切って終わらせてしまう粗忽さには笑ってしまう。

それはともかく、時間直前で上映中止、他の作品に振替というのはヒドイなぁ!
とにかく、物事がちゃんと始まるまで、何が起きるかわからなかったりするので、なかなか気が抜けないインドである。

Posted in cinema, column, life, society, travel | Leave a comment

ありがたい宿

チャッティースガル州都ラーイプルからバスタル地方のジャグダルプルまでの道のりの中間点にあるカーンケールという町のバススタンドに着いた。

その正面に「カーンケール・シティセンター」という商業ビルがあり、そこのセカンドフロアー(日本式に言えば3階)にホテル・アーナンダムという宿が入っている。1泊あたり760Rsという料金に似つかわしくないバリューのある部屋だと感じた。

ホテルに併設されているレストランがやけに立派で、出される料理も田舎町とは思えないほどちゃんとしている。いずれもとても美味しかった。

さらに嬉しいことにホテルのひとつ上のフロアーには、映画館が入っていることだ。日中散々歩き回ってからレイトショーを見に行く。日中の行動時間が映画で削られてしまうのは困るのだが、さりとて映画は観たい。だから最も遅い時間に出かけるのが好ましい。

それでいて、帰りの足や野犬を気にすることなく、階段でひとつ下の階に下りれば、自分の寝床があるのだ。これは素晴らしい。

Posted in cinema, column, food & drink, life, society, travel | Leave a comment

スィルプル仏教遺跡訪問

タクシーでスィルプルを訪問することにした。ここには5世紀から12世紀にかけて栄えた仏教遺跡がある。バスでも行けなくはないようだが、ずいぶん時間がかかるようだ。

本日の運転手はアジャイという若い男性だが感じはよかった。10歳のときに父親が亡くなり母子家庭で育った。学校も中途でやめなくてはならなかったとのことだが、今はそれなりに仕事が回ってくることから、育ててくれた母親に楽をさせてあげることができているという。インドでは初対面でもそんな身の上話を耳にすることは多い。

クルマは国道53号線を進んでいく。高架にはなっていないが事実上の高速道路だ。片側二車線のスムースな道路が延々と続いている。見事だ。昔のインドとはずいぶん違う。ただし危ないのは道路によく牛や水牛が出ていること。

ここではティーワルデーヴ寺院を始めとして、ラーマ寺院、ラクシュマン寺院、スラング・ティーラーその他、いくつもの仏教寺院跡があるのだが、ほとんどが基壇しかないものであるため往時については想像に任せるしかない。一部復元してあるものもあり、石柱が立っているものもあるとはいえ、ほとんどドルメンを眺めるようなものとなってしまう。

だが一部には手をかけて修復された寺院もあり、これらを訪れると往時の姿を想像できるような気がしてくる。

入場料を取るのはラーマ寺院のみでインド人は25Rs、外国人は300Rsと書かれている。25Rsを出して「切符1枚」と言うと、そのまま買える。切符切りのゲートでは「見た感じ外国人かと思いました。アッサムからですか?」と笑う係員。

ラクシュマン寺院に併設されている博物館には、展示物について何の説明の表示もないのは残念である。

スィルプルに限ったことではないのだが、インドでは今でも、それまでは知られていなかったものが次々に発見されている。このスィルプルについても、ここで仏教が栄えたこと、いくつかの寺院跡は昔から知られていたのだが、2004年から2005年にかけての発掘により新たに発見された遺構が相当あるそうだ。

しかしながら、遺跡に関する看板の大半がヒンディー語で書かれていることから、これを読めない人(インド人にも決して少なくない)が訪れたとしたら、大変不親切であると感じることだろう。

それはさておき、彫刻類は実に素晴らしいものがふんだんに残されており、実に見ごたえがあった。こうしたものについて詳しく知りたいと思っても、何の説明さえもなかったのは残念だ。

ところどころで、こうしたガイドを標榜する人物の連絡先が貼られているのだが、専門的知識を持つ者なのかどうかはまったく不明だ。

スィルプルに来るときに一度国道53号線で渡った河だが、蛇行しているためスィルプルの村のすぐ裏手にも流れている。だがほとんど干上がっていることから、雨季には河床が流れで一杯になると言われても、にわかに信じがたい。

乾季のマハーナディー(という河)

かつて仏教が栄えたこの地域だが、現代においても寒村にこれほど多くのヒンドゥー寺院が林立しているのは、なかなか壮観でもある。


Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment