Google Earthで眺めるストック・カングリー

ストック・カングリー峰

レーの町の旅行代理店で「ストック・カングリー登頂ツアー」の貼り紙をよく見かける。標高6,153mで、インドの「highest trekable mountain」ということになっている。

町の旅行代理店でツアー募集しているくらいなので、技術的に難しくはない登山ということになっており、毎年シーズンには相当数の人たちが登頂している。一般的なのものは、レーからの行き帰りも含めて4日間ほどのものだ。2日目の晩に頂上アタックのためのベースキャンプに泊まり、3日目に日付が変わってから直ちに登頂に向けてスタートするということなので、レーの海抜が3,500m程度であること、短い日程を合わせると、高度順応はそう容易ではないように思われる。

もちろん実際に登るのと、Google Earthで眺めるのとでは大違いであるに違いないが、少なくとも地形だけは「このような感じなのかな」という把握はできるのではないだろうか。

高いところに弱い(酸素の薄いところは苦手)な私ではあるが、今度ぜひ挑戦してみたいと思っている。

秀峰ストック・カングリー

ストックの村の背後にそびえるストック・カングリー峰

ストックの村

ストックの村を縦断する川沿いに北上

右手背後の大きな山がストック・カングリー峰

村からのルート

勾配はかなり急なのだろう。

雪を被った部分が見えてくる。

背後にはこんな眺め

このあたりまで来るとかなり寒いことだろう。

背後はストック・カングリー峰

画面左手は雪渓のように見えるが、おそらく氷河だろう。

実物はどんなに美しいことか。

頂上はこんな具合らしい。

頂上からストックの村の方面(画面右下)を見下ろした感じ

 

This entry was posted in column, environment, IT, travel. Bookmark the permalink.