カナダとインドの国際結婚 印度華人

コールカーターを訪れる際にはいつもお邪魔させていただいている在印華人のCさんから手紙をいただいた。今年の華人の旧正月では、彼女のお店に獅子舞のチームが三つも訪れてハッピーな正月であったようだ。PCを使うような年代の方ではないので、コールカーターでお会いするとき以外は、彼女とのやりとりはいつも手紙である。

その中で、ちょっと興味深いことが書かれていた。カナダに家族と一緒に移住している甥がこのたび在印華人女性と婚約したとのこと。インドの新聞広告で、在外のインド人が結婚相手を求める記事を見かけることはよくあるが、華人であり、とりわけ北米に移民して育った若者ともなれば、すっかりカナダ人化して日常生活の中で知り合った人と結婚するものとばかり思っていたが、こういうこともあるらしい。お相手はチェンナイ在住の華人家族の娘さんだそうだ。

カナダには、在加華人としてはマイノリティであるインドから移民した華人たちの「同郷会」もあり、先祖のルーツである中国各地出身のコミュニティへの帰属意識以外に、「印度華人」という意識も強いということは聞いているが、やはり数世代暮らした土地、自分の生まれ故郷に対する愛着もあるのだろうし、人的なつながりも健在らしい。

私が印度華人に関心を抱いていることをよく知っているCさんは、コールカーターを訪れるたびに、一緒に中国茶を啜りながら、「この間はどの話をしたっけ?」と、しばらくニコニコして考えながら、いつも興味深い話をして下さる。

前回、正月(西暦の)に訪問した際には、彼女が幼かった頃の華人たちの正月(旧正月)の親族の集まり、子供たちへの紅包(お年玉)のことなど、楽しい想い出話を聞かせていただいた。裕福な華人実業家であった彼女の父親には、もうひとつの家庭があったこと、その家庭との行き来も盛んであったことなども、あっけらかんとした様子で話して下さった。もっとも、当時はおおらかな時代であったので、決して珍しいことではなく、子供たちにとっては同じ親類であったとのことだ。

私はまだ北米を訪れたことはないが、いつか在印華人たちが多く移住したヴァンクーバーやトロントといった街を訪問して、インド出身の華人の方々のお話を伺う機会を得たいものである。

This entry was posted in column, heritage, life, society. Bookmark the permalink.