A JOURNEY ACROSS INDIA by Google Cultural Institute

Googleによる各国の美術館、文化施設等との協力により、世界の文化遺産をオンラインに公開するGoogle Cultural Instituteのプロジェクトにおいて、インドの史跡もA JOURNEY ACROSS INDIAと題して紹介されている。

さりとて、これらの画像がアップロードされているだけでは特に面白味はないのだが、「Street View」の機能を利用して、史跡内を移動して見学できるようになっているのが楽しい。建造物に接近して細部を観察できること、同様にこれを多方面から眺めることができること、敷地内のベンチや植栽などから実物の規模が容易に理解できること、そして周囲の景観や地図で示されたロケーションを含めて、非常に臨場感があるのもいい。

ムガル建築最盛期のタージ・マハルをはじめとする珠玉の建築物の数々を鑑賞できるU.P.州のアーグラーにある傑作イティマード・ウッダウラー廟もこの形で閲覧することができるので、ぜひアクセスしていただきたい。

その他、インド各地の史跡も取り上げられており、目下その内容はさほど充実しているとは言えないとはいえ、今後の発展が期待されるところだ。

This entry was posted in column, heritage, IT, travel. Bookmark the permalink.