オートでGO!!

オートリクシャーを利用する際、せいぜい街中の移動かちょっと郊外まで足を伸ばす程度だろう。だが今年に限ってはチェンナイから乗り込んでムンバイーまで疾走させている人たちがいるらしい。しかも自分たちで運転して・・・。
8月4日にチェンナイからスタートした『マドラス・ボンベイ・オートリクシャー・ラリー』に世界各国から70名が参戦しており、およそ1900kmのルートを経てムンバイーを目指し力走している。せっかくの珍しいイベントなのに、インド国内からの参加者は一人もいないのだそうだが、まあわかる気がする。インドの人々はこれがカッコいいからとか面白いから乗っているわけではなく、廉価版のタクシーとして利用しているだけだ。オートリクシャーに魅かれるのは物好きな外国人たちくらいだろう。しかし主催者はこのイベントを毎年開くことを目論んでいるようなので、条件によってはどこかの町のオートリクシャーのユニオンが出走させるなんてこともあったら面白い。仕事で日々運転している「プロ」は外国人参加者たちなど足元にさえ寄せ付けないのだろうか。
非力なオートリクシャーで1900kmもの道のりをひたすら走るというのは想像しただけで気が遠くなりそうだし、スタート時にはピカピカの新車でも、それだけの距離をガタゴト走った後にはすっかりポンコツ化しているのではないだろうか。
だが自由になる時間と費用が充分にあれば、私もぜひ参加してみたいと考えている。「マイ・オート」欲しさがゆえという部分もあるが、素人でもエントリーできそうな(技術面・資金面ともに)国際ラリーなんて滅多にあるものではないからだ。まかり間違って優勝するようなことでもあればどうだろう?他に同種のラリーは存在しないらしいので、文字通りオートリクシャー・ラリーの世界チャンピオンになってしまう。こりゃ大変だ!!
Challenging Times! (MADRAS PLUS DIGITAL)

This entry was posted in adventure, column. Bookmark the permalink.