テロで変わるもの

1978年に第一回大会が開催され、『パリダカ』の名前で日本でも親しまれてきたダカール・ラリー。いくつもの国境を越えて、非常に条件の悪いルートを走破するこの過酷な競技の映像を目にすれば、モーターファンならずとも大きな驚きと感動をおぼえるとともに、出場者たちに大きな拍手を送りたくなることだろう。
そのダカール・ラリーは今月開催されるはずであったのが、まさに直前になって主催者より中止の発表があったのはご存知のとおり。すでに各種メディアで報じられているとおり、原因は治安面での不安、つまりテロの標的となる可能性があるとのことだ。
主催団体ASOのコメントにもあるように、社会的影響や経済的損失を考慮したうえでも、中止を決断しなくてはならないところまで追い込まれたとのことだが、これは尋常なことではない。フランスの諜報機関筋が具体的なテロ計画の情報が把握したことがこの判断につながった理由のひとつだというが、テロ組織がASO自身に直接脅しをかけていたのかもしれない。
今後もコースとなる北アフリカ地域での治安状況に不安はつきまとうことから、来年以降のラリー大会開催について他地域も視野に入れているようで、すでに南米を視察したとのことだ。
インドでは、首都デリーで『1月15日からIDの携帯義務化』の動きが議論を呼んでいる。ここでいうIDとは、運転免許証、有権者登録証、配給証、学生証、勤務先の職員証、外国人の場合はパスポートや外国人登録証等々など。IDとして認められるものの範囲が広いのでなんとかなるかといえば、そうでもないのがインフォーマルセクターで働く人々であり、さまざまな形で首都に入ってきて社会の底辺を成す移民の人々でもある。
この件について様々な反論や反響が報じられている。そういうものを常時携帯することを強制することは民主的でないという声があるとともに、総人口のおよそ半数が身分を証明するものを何ら持ち合わせていないと推定されるこの国で、突然このようなものを身につけろというのは実際的ではないという批判、そして電子データ入りの統一された身分証明証を発行して携帯させるべきであるという意見もある。


いろいろ議論はあるのだが、結局のところIDを携帯させたいということの目的は、もちろん治安対策だ。市民に身分証明証を持たせたからといって、テロの恐れがなくなるわけではない。本当に悪い奴、危険な輩ならば、それらしいものを堂々とでっちあげるだろう。しかし不特定の無数の人々が暮らし、とても監視しきれない規模で人々が日々出入りする都市にあって、行政として何か手を打たなくてはという意思の表れだ。
国民が身分証明証を携帯しなくてはならないということ自体は、他国にも例があり特殊なこととはいえないかもしれない。また日本の制度では、外国籍の人々は外国人登録証の携行義務があり、これを怠ると法令に違反するだけではなく罰則まであり、永住者や特別永住者も例外ではない。ただしそれまでこうした決まりごとがなかった場所でこういう話になると大きなインパクトがある。
少々話はそれたが、今月15日からというのは、もちろん26日のリパブリックデイとその準備期間に照準を合わせたものだ。もし本当にIDの不携帯そのものが罪となるならば、警察が市内各所で臨検をしやすくなる。ずいぶんものものしい雰囲気になるのではないだろうか。警官たちにとっては小遣い稼ぎの機会?かもしれないが、ちょっと近くのマーケットに買い物に行くだけでもその餌食となりえる可能性がある。
そもそもIDを持っていない人はどうなるのか。そういう人の場合、連絡のつくちゃんとIDを持っている者が証人となることを想定しており、そうした人物と連絡が取れる電話番号を知っていることが条件となるようだが、何も身分を証明するものを持ち合わせない人にとって、かなり難しいことではないだろうか。ややセキュリティが厳しいエリアで行商している人たちにとって、日々試練の連続となるかもしれない。
前置きばかり長くなってしまったが、テロですべてを変えることはできないが、暴力に訴える風潮が強くなれば、一般の社会への影響も濃く出てくるようになる。善良な市民の生活にさまざまな制約や支障を生むことになり、もともと自分たちが支払った税金からなる余計な行政コストもかかってくる。
テロの脅威が政争の具となり、それをネタに手を変え品を変え、市民をなだめすかして自らの勢力に引き寄せようとする。与党はそれまでは腹の中で案じてしてもそれを口にすることのなかった施策をいきなり実行に移そうと画策する。それは往々にして人々の権利を制限するものであり、市民社会の質そのものが後退していく。
それを目にしつつも何かしらの対策を取らないといけない、必要悪だと多くの人が思う。私たちが払う代償は相当なものだが、まだまだそういう時代の入り口にさしかかったところに過ぎず、これからもっといろんな出来事が起きて、そのおかげで私たちの社会もさらに変質していくのかもしれない。
テロで変わるものは大きい。実に迷惑千万である。
ID cards made mandatory in Delhi (NDTV.COM)
CPI(M) slams LG’s ID card order, demands its immediate withdrawal (Webindia123.com)
Delhi Lt Governor’s ID card proposal impractical : BJP (Webindia123.com)
Leaders oppose ID proof proposal (The Times of India)

This entry was posted in column, politics, security. Bookmark the permalink.