シグマDP2

シグマDP1の他と比べようもない圧倒的な画質にホレボレしつつも、メディアへの書き込みの遅さはもちろんのことながら、開放値でF4という暗さもあり、『楽しいんだけれども使いにくいなあ』と思いながら、まさに愛憎半ばする気持ちで使っているユーザーは多いだろう。
画質のために他のすべてを捨てた?カメラなので仕方ないとはいえ、そこは秒進分歩のデジタルの世界、再来年あたりに使い勝手をグンと向上させた次期モデルを出して欲しい・・・と思っていたら、すでにDP2の開発が発表されていた。
DP1は今年3月に発売されたのにもう後継機?と思いきや、35mm換算で41mmの画角となるモデルで、28mm相当の広角レンズを持つDP1と同じシリーズの機種として並存する形になるようだ。スナップなどに使いやすい画角だし、開放でF2.8と比較的明るいレンズ(DP1と比べるとはるかに明るい)であることから、書き込み速度や操作性といったメカニカルな部分が大幅に改善されていれば、非常に魅力的なモデルになるのではないかと思う。携帯性や趣味性からしても『インドでいかが?』というカメラになりえるかもしれない。
裏を返せば違うのは画角とレンズの明るさだけというカメラであれば、DP1を愛用している人であっても、『またアレでは・・・』ちょっと引いてしまうのではないかとも思う。現在、発売日・価格ともに未定とのこと。『買うぞ!』と思っているわけではないのだが、まだそれなりの価格で引き取ってもらえるうちに、DP1を手放してして現金化しておこうか、と思ったりもするのである。
DP2

This entry was posted in camera, column. Bookmark the permalink.