パールスィーのおばあさん

宿の前からタクシーに乗る際、運転手がやや遠慮がちに「途中まで連れて行かなくてはならない人がいるけどいいか?」と言うので、「ああ、構わんよ」と言うと、やってきたのは高齢のおばあさん。

見るからにパールスィー(洋装で西洋人のおばあさんに見える)だったが、自身が取り仕切っているビジネスがあるとかで、毎朝この運転手のクルマで出勤し、終業後は同様に帰宅しているとのこと。この方、なんと90歳。

少し背中は曲がっているものの、実によくしゃべるし、耳も遠くないようだ。
「そう、日本に行ったときにね、小さい子どもたちまで、みーんな礼儀正しくてね。1983年のことよ。ずいぶん昔のことだから街並みとか変わったんだろうけどね。あなたはどこから?新宿とか今も変わらず賑やかよね。」とマシンガントークにこちらがすっかり圧倒されてしまう。

おばあさんが降りて行ってから運転手は言う。
「あの人はね、これまでず〜っと独身なんだ。一度も結婚してないらしい。」
現在のターター・グループ総裁のラタン・ターターもそうだ。もうかなりの老齢なので生きている限りそうだろう。

パールスィーの人たちは一般的に高学歴なこともあり、結婚は遅いし、一生独身の人も多い。パールスィー以外の人と結婚すると破門となるとはいえ、実はそういう例も少なくはないこともあり、大いに繁栄しつつも、人口規模は減少しているコミュニテイーということでも知られる。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>