掌の中でインドのニュース

netTV
iPod touchおよびiPhoneで使うことができるテレビ視聴アプリとやらがあることを知り、さっそく試してみた。
netTVというものだが、世界の200以上のストリーミング配信されているテレビ局の番組を見ることができるとある。
種別を選択
国を選択
インドのチャンネルは、CNBC Awaaz, CNBC TV18、 CNN IBN、IBN 7、 IBN Lokmatにアクセスできる。IBNLiveで配信されているものが、そのまま入ってくるようだ。パーキスターンのものは、Dawn News、Hadi TV、Quran Urdu TV。
番組視聴中
画質や音質はどんなものかといえば、ネット上のストリーム配信特有の滑らかさに欠けるところはあるものの、テロップの文字もちゃんと読むことができるし、この程度の小さな画面に対するものとしては、まあ充分な視認性が確保されているといえる。音については申し分ない。
受信できるインドのプログラムについて、欲を言えばもっとチャンネル数と番組のタイプのバリエーションがあるといいと思うが、どの国のプログラムにしてもそう豊富に提供されているわけではないので仕方ないかもしれない。
インドとパーキスターン以外にも、世界の各主要国の番組に加えて日本のチャンネルもふたつ視聴可能だ。英語放送のNHK WorldとSeebit TV(そんな名前の局はこれまで耳にしたこともなかったが・・・)だ。
著作権法をはじめとする国内法の調整等が必要なことから、ストリーミング配信の進展が遅れている日本だが、やがて海外でもインターネット経由で日本のプログラムにオンタイムで触れることができる時代が、もうすぐそこまで来ているのかもしれない。
実験段階のKeyHoleTV(キーホールTV) iPhoneアプリ版を触りました!
(おすすめiPhoneアプリとiPod touchゲーム-AppBank)
しかしnetTVのおかげで、アゼルバイジャン、ニカラグア、マリその他、これまで訪れたこともない国の番組を眺めることができて、なかなか面白かった。言葉がわからないので、すぐに飽きてしまうのだが。
言うまでもなくWiFi接続環境がなければ受信することができないが、いつもカバンの中に放り込んであるiPodで、様々な国々のテレビ番組を見ることができるのは楽しい。
ストリーミング配信の今後にも期待したい。インターネットに接続できれば、電波と違い地球上のどこからでも受信できる。衛星放送やケーブルテレビでカバーされないスポーツの試合などをパソコンで視聴している人が多いことからも、潜在的に相当な需要があることが想像される。
特別な機器を接続することなく、ネット配信の動画もフツーに視聴できるテレビが、今にどこかから発売されるのではないかと思う。テレビにおいても、私たちの『世界』は確実に小さくなりつつあるようだ。

This entry was posted in column, IT. Bookmark the permalink.