道路逆走への対策

インドの道路で逆走するクルマやバイクなどは後を絶たない。ショートカットするために平気でバンバン逆走している。運転していても危険だが、歩行者も道路を渡る際には「クルマが来るはずがない方向」にも充分注意する必要がある。
これらを防ぐためデリー首都圏の事実上の一部といえる隣接するUP州のノエダーで、こんな装置を道路に導入したとのこと。逆走したらタイヤを破裂させるというもの。「タイヤキラー」と呼ばれるのだとか。
似たような構造のものを日本の米軍基地入口で見かけたことがある。侵入車があった場合、こんな感じのものが路面からニュッと持ち上がり、タイヤを切り裂く装置。造りはもっとアグレッシブで、確か「タイヤシュレッダー」とかいう呼称だったと思う。

‘Tyre-killer’ installed in Noida to prevent wrong side driving: Watch it in action [Video](CarTag)

This entry was posted in column, life, security, society. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>