ナワルガルからローハルガルヘ

ナワルガルにはムスリムもけっこう多いので、こうした墓地がある。

ちゃんとしたバススタンドではなく、この屋敷の少し先にある雑貨屋の軒先がバスの始発点となっていた。

ナワルガルは方面によってバススタンドが異なり、これまたバススタンドに見えないバススタンドもあるので、慣れないとよくわからない。マーケットで人に尋ねてわかったのは、ローハルガル(Lohargal)へは「ウダイプルワーティー」(ウダイプルとは無関係)という町に行くバスに乗り、途中でゴリャーナー(Golyana)というところで降りて乗り換えるということだ。
距離は大したことないのだが、道路が良くないため思いのほか時間はかかるらしい。

綴りが間違っている行先表示板

過積載の車両。今にも破裂しそうだ。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.