ハルーン・マスジッド

バンコクにある最古のモスクのひとつとされるハルーン・マスジッド。
G.P.O界隈にある小ぶりな建物だ。1947年にモスクとしてタイ政府に登録されているが、イスラーム教の礼拝所としての歴史は、20世紀初頭まで遡るらしい。
アラブ系インドネシア人ムスリムによって建てられた経緯もあり、周囲にはマレー系住民の姿が多いとともに、イスラーム関係の施設や店がいくつもある。
初めての訪問だが、近くまで行ってから人に尋ねても知らなかったり、見当違いな方向を教えられたりする。しかしながらGoogleの地図サービスで検索してみると、現在地からのクルマや徒歩でのルートが瞬時に出てくる。便利な時代になったものである。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.