Namaste Bollywood #07

Namaste Bollywood #07
ついに第7号を発刊したNamaste Bollywood、創刊号にさかのぼって国会図書館に収蔵されることになったとのことだ。今回の誌面もまたスターたちの横顔、話題の新作、関係者等の執筆記事などに加えて、小さな囲み記事にも興味を引かれるものが多い。たとえばマレーシアに招待されてサッカーの試合を行った「ボリウッド・セリブリティ・イレブン」のことや福岡国際映画祭2007で上映されたインド映画作品のことなど、ボリウッドファンならばぜひ押さえておきたい旬な情報を満載。
おっと、忘れてはならないのが巻末に連載されているBollywood Filmy Pedigree。今回取り上げられているのはデーオール家。家長はもちろん「Sholay」のダルメーンドラだが、その長男のサニー・デーオールといえば、ずいぶん長いこと若者役ばかり演じている年齢不詳俳優のひとりだ。現在いったいいくつなのだろう?と常々疑問に感じていたが、なんと今年10月にはなんと51歳になるのだとか。すると「母」ヘーマー・マーリニーとはずいぶん歳が近すぎるのではないかと誰もが思うだろう。
ごく自然に考えればサニーにとって彼女は継母という関係かと想像できるが実はそうではない。父が1980年に彼女が結婚してからも先妻とは関係を解消していないため「併母」なのだそうだ。でもいったいどうやって重婚できたのか?その答えを知るためにぜひ今号を手にしていただきたい。ボリウッドのスターたちの私生活はときにスクリーンで演じる内容よりも更にドラマチックであったりする。
Namaste Bollywood

This entry was posted in cinema, column. Bookmark the permalink.