ラダックの旅行案内書

インドのガイドブックといえば、日本の出版社から出ているものはもとより、欧米やインド国内で出ているものまで、また国全体を包括する内容から特定の地域について取り上げられているものまでいろいろある。 そうした中で、今年6月にこんな旅行案内書が発行されている。

書名:ラダック ザンスカール トラベルガイド

著者:山本高樹

発行:ダイヤモンド・ビッグ社

ISBN:978-4-478-04267-0

地球の歩き方のGEM STONEシリーズの中の一冊である。私自身は、取り上げられている地域や場所が少ないため、地球の歩き方というガイドブックはほとんど利用したことがないのだが、ラダックとザンスカールに特化したこの本は、ラダック取材をライフワークという著述家であり写真家でもある著者の手によるものだけに、内容が充実している。

文章だけでは表現できないものが多々あるのはどこの国や地域でも同様だが、とりわけラダック地方においては、乾燥した高地であることによる空の青みの鮮やかさや透明感を含めて、そこを訪れてみないと想像できない部分が多い。

美しい写真がふんだんに用いられたこの案内書は、眺めているだけでもワクワクしてくる。140ページ強というスペースの中に占められる画像が多い分、テキストの分量は制限されてくるにもかかわらず、丁寧に各地の見どころの紹介がなされている。

この地域を訪れることを予定されている方に、ぜひお勧めしたい一冊だ。

This entry was posted in column, reading, travel. Bookmark the permalink.