ナガランドの「ピンクバス」

リンク先記事は、もう2か月ほど前のものではあるのだが、ナガランドでコヒマ及びディマープルの市内及び近郊への市バスとして、「ピンクバス」なる女性専用バス導入とのこと。
当面は運転手と車掌は男性だが、今後女性スタッフに置き換えていくと聞いている。
ナガランドで、他の地域に先駆けてこういうものが導入されるとは意外だ。人口少ないため都市部の混雑はさほどひどくないし、ほとんどがパプティストのモンゴロイド、もともと女性の社会的地位は低くなく、男性からのハラスメントが多いようには思えないのだが、実はそうでもないのだろうか。あるいは社会への参画率が高いためという逆の側面もあるのかもしれない。

Nagaland: Pink bus service introduced in Dimapur and Kohima (NORTHEAST NOW)

This entry was posted in column, greater india, life, society. Bookmark the permalink.