流行る宿の秘訣

どこの国でもそうだが、流行る宿には共通するものがある。

料金の割に部屋がきれいであったり、スタッフがフレンドリーであったり、マネージャーが強欲ではなかったり、部屋かロビーでWi-Fiが利用できたりということは当然だが、誰もが自由に出入り出来て、勝手なおしゃべりを繰り広げることが出来るスペースがあるものだ。

掲載した画像は早朝に撮影したので無人だが、シュリーナガルでの宿泊先はそんな場所。宿泊客がいつも出入りしていて、そんなおしゃべりの中で知り合った人たちとクルマをシェアしたり、どこか食事に出かけたりする。

この宿のお喋りなマネージャーは、いつもロビーで宿泊客の話し相手をしているのだが、誰かがクルマの手配を依頼しても、「すぐそこにタクシースタンドがありますから、直接出向いて交渉したほうが安くつきますよ。」と、素っ気ないほど商売っ気がないのも良い。

周囲には同じくらいの料金帯の宿が山ほどあれども、ここはいつも満室なのは、こういうところに違いがあったりする。

This entry was posted in column, society, travel. Bookmark the permalink.