Lonely Planet INDIAの新版をKindleで購入

今年9月にLonely Planetのガイドブック「INDIA」の新版が発売となった。従前はPDF版を購入して、その都度必要部分だけプリントアウトしたり、スマホに入れて閲覧したりという具合だったが、今回はKindle版を購入してみた。

スマホやタブレットのキンドルで使っている20代の欧州人は、「コレ、いいっすよ」と言っていたが、実際に使ってみると、ちょっと変なところに触れるとでたらめなところに飛んでしまうし、いろいろリンクが張られているので、知らず知らずにGoogleマップが立ち上がってしまったり、読んでいた誌面をふさいでしまったりと、不便なこと極まりない。

普段、キンドルでよく読書しているが、ゆっくりと同一方向にページを進める読書と違い、あちこち参照するために行ったり戻ったりするガイドブック用にはまだよくこなれてない感じがする。多少慣れてきたら、Kindle版の使い勝手について誰かに質問されて、「ああ、なかなかいいよ」などと返事しているかもしれないが。少なくとも、荷物が多少なりとも減ること、複数のデバイスで閲覧できるということは間違いなく大きな利点だ。慣れるように努力するしかないか・・・。

This entry was posted in column, reading, travel. Bookmark the permalink.