アラビアのインドな休日

 毎年UAEのドゥバイ・ショッピング・フェステイバルに合わせて開催されるグローバル・ヴィレッジは今年で11回目となる。今年は実物の四分の三サイズのタージマハルが登場して注目を集めているという。

Dubai globalvillage / photo by rdiff.com

 これはNRIの実業家が所有するドゥバイ・グランド・ホテルとインドのZEE TVが共同でプロデュースしたもので、インドから二百数十人の職人たち、ラージャスターンの石材などを送り込んで完成させたという。
 希望者には有料で施設の貸切サービスを行なっており、結婚式その他のイベントに利用するお金持ちも出てきそうだし、インド映画撮影チームがやって来てロケが行われるなんてことも今後あるのかも?
  こうしたインドの歴史的遺産のレプリカ輸出は、ひょっとすると有望な輸出産業になり得るのではないかと思う。
 なおこの催しはインドのファッション関係の産業にとっても有望なビジネスチャンス獲得の場でもあるようで、アジアン・ウェディング・ショーというイベントも合わせて開催されている。
 UAEでは総人口の7割以上が外国人とされており、政府関係者(警察や国防関係を含む)、大手から個人営業までさまざまなレベルのビジネスマン、医者やエンジニアなど様々な方面の専門家、そして非熟練労働者たちまで社会の隅々に国外からやってきた人たちの姿が多い。
 もちろん同じアラブの国々からここにビジネスチャンスや雇用を求めてやってくる人々は多いが、特にサービス部門におけるインド系の人々のプレゼンスは大きい。また就労先としてだけではなく、インドの裕福な層にとっては海外旅行先の定番でもある。
 ときにはアラビアで「インドな休日」を過ごしてみるのもいいかもしれない。
ドゥバイにタージマハル登場! (Rediff.com)

This entry was posted in column, event. Bookmark the permalink.