日食で休校

他の現地校に比べてやたら休みの多いりおりお&雲ちゃんの学校。
授業料は年々上がっているのに、休みは毎年増えている感じ。
それはさておき今週の金曜は日食。
前回のことを思い出し、今回は学校が事前に休校措置をとるのでは?
と思っていたら予想通り金曜は日食なので休みですとのお知らせ。
木曜はこちらの祭日なのでいきなり4連休〜。とはいえ週末に
習い事があったりなのでどこにも行かず過ごす予定です。

This entry was posted in インド現地校. Bookmark the permalink.

2 Responses to 日食で休校

  1. shanti says:

    改めて明けましておめでとうございます。
    先日、正月に、私の母がテレビのニュースをたまたま観ていた時に、インドの列車事故が相次いでると私に教えてくれました。後でインターネットで調べたら、ウッタルプラデーシュ州のほうでした。私は、列車事故が起きる前に日本に帰国したばかりでしたし、寝台列車にも乗りましたので、驚きと心配が出ました。
    昨夜20時から、テレビの東京MXチャンネルでHindi映画「NAYAK」が放送されてました。初めて知って観ましたが、アニール・カプール、ラニ・ムケルジー、スシュミタ・センが出てました。しかも日本語字幕です。でも、インド映画ですから、必ず映画に欠かせない映画の途中で流れる音楽のシーンはひとつも出てきませんでした。あれ??と思いながら、いつ出て来るんだろうと、音楽のシーンを一番、楽しみにしていました。もしかたら、放送時間の関係で、音楽のシーンはカットされたんだと思います。残念でた・・・。
    日本のテレビでインド映画が放送されるのって、珍しいことではないでしょうか。日本語字幕付きのインド映画は貴重なので、録画しました。いつかまた昨日みたいに、テレビでインド映画を放送してくれると嬉しいです。
    昨年の「NHK紅白歌合戦」で、歌を披露してくれた歌手の美川憲一さんが、インドバージョンで歌とダンスを披露してました。バックダンサーさん達は、毎年、東京の代々木で行われる「ナマステインディア」と、東京の西葛西で行われる「Diwali」に参加してる生徒さん達で、インド映画のダンスなどを指導してる野火杏子さんという方の生徒さん達です。画面にダンサーの名前に野火杏子さんの名前が出た時は、「あっ!!この人、知ってる人だ!!」と思わず喜んで叫んでしまいました。私は毎年、インドのイベントには足を運んでて、野火杏子さんの生徒さん達のダンスステージを観ていましたが、紅白に限らず時々、テレビで野火杏子さんの名前が出ると、すごい方なんだなと改めて感じました。それにしても、昨年の美川憲一さんの紅白でのステージがなぜインドバージョンになったのか謎です。
    バンガロールは暑かったですね。カルナタカ州のハンピへ訪れた時は、更に真夏でした。
    肌がピリピリするくらい痛かったです。
    私はインドに滞在して、いろいろ驚きました。日本じゃありえないと感じたことが山ほどありました。デリーで初めて乗ったオートリクシャのおじさんが、前に止まってたオートリクシャにぶつかりました。次のオートリクシャに乗った時は、自転車にぶつかりました。一緒にいた友人が察するには、おじさん、どうやらお酒を飲んで運転してたようです。
    バンガロールのお天気は暑いですか?南インドは真夏ですね。友人のお姉さんが住んでるバンガロールに訪れた時は、シャンプーをした髪がすぐ乾いてくれました。しかし、インドの蚊には参りました。インドの個人宅にお世話になった時、寝る時に欠かせない蚊よけの網というのでしょうか、おかげ様であれは、すごく役に立ちました。
    私は実家が長野県なのですが、年末から1月10日まで長野に帰省してました。雪が降っていて寒かったです。

  2. Tomato says:

    Shantiさん、コメントありがとうございます。
    コルカタは寒かったですが、バンガロールは日中暑いくらいです。
    インド映画や番組が日本でも結構放送されているんですね。
    音楽シーンは長いからカットされたんでしょうか。
    インドの事故や事件のニュースは国内にいる私より、日本の
    家族や友人のほうが知っていることが多いです。
    広い国だからと言ってしまえばそれまでですが。。。
    それでは今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>