学校の安全

昨日バンガロールの学校で5歳の女の子が校舎2階から
落ちて亡くなりました。インドの学校は幼稚園から高校までの
マンモス校が多いですが、どこの学校も幼稚園部は1階にあると
思っていたので(りおりおの学校を決める際に市内数校を
見学しましたが、どこも幼稚園部は1階にあった)この
ニュースに驚きました。現在「幼稚園部の教室は1階にする」
といった法律規定はないそうで、幼稚園部の教室を校舎の
どこにするかは学校に任せられているとか。
「校舎スペースを十分に確保できないので幼稚園部も
上の階にするしかない」とか「雨で1階部分が浸水
したときは上の階に移動する」とかいった学校側の
事情もあるようですが、3歳児も通う幼稚園部の教室を
上の階にするのは、たとえ大人がついていても危ないと思います。
この事故の記事を読んで、りおりおの教室も1年生になった
とたん、校舎の最上階(4階)になったことを思い出しました。
りおりおが「かばんがとても重いし、毎朝教室に行くのすごく
大変」と言っていたので心配していたのですが、最近になって
下の階に移動して「楽になった」そうです。
りおりお、インドでは1年生ですが日本ではまだ幼稚園
年長組。教科書とお弁当、水筒が入って6歳児には
重いリュックをしょって階段を上り下りするわけですが
ちょっとバランスを崩したら。。。と思うと怖いです。
先日も学校校舎のレンガが落ちて生徒が亡くなった痛ましい
事故があったばかり。
亡くなった女の子の冥福を祈るとともに、子どもの安全をなにより
優先すべき学校で、もう子どもが犠牲にならないことを
祈らずにいられません。

This entry was posted in インド現地校, 子ども. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>