最近書いたもの

(1)「インドー低下する日本のプレゼンス」『クーリエジャポン』10月号

中国問題がご専門の富阪聰さんとのクロス連載「龍と象の比較学」の第4回。今回のテーマは「対日感情」。中国とインドが、今の日本に対してどのようなまなざしを向けているのかを論じ合っています。

(2)書評・末木文美士『近世の仏教-華ひらく思想と文化』(吉川弘文館)

朝日新聞8月22日朝刊に掲載されました。HPで全文ご覧いただけます。

http://book.asahi.com/review/TKY201008240222.html

(3)書評・天児 慧『アジア連合への道 理論と人材育成の構想』(筑摩書房)

朝日新聞9月5日朝刊に掲載されました。

http://book.asahi.com/review/TKY201009070164.html

(4)書評・宮台真司・東浩紀『父として考える』(NHK出版)、サンデル『これからの「正義」の話をしよう』(早川書房)

9月はじめに創刊される『kotoba』の論壇書評を担当することになりました。第1号では上記の2冊を取り上げました。

(5)「ハイテンションな政治を疑え」(『週刊金曜日』9月3日号

以下のHPで全文読むことができます。

http://www.kinyobi.co.jp/backnum/data/fusokukei/data_fusokukei_kiji.php?no=1333

他にも、近く「アジア主義を考える(3)-西郷隆盛と征韓論」(『潮』)や「親鸞と日本主義(4)-三井甲之と同信の友」(『考える人』)、「保守派の私が徴兵制に反対する理由」「私の保守思想(5)-正統との再会」(『表現者』)などが発売になります。

書き下ろしは『血盟団事件』(文藝春秋社)『秋葉原事件』(朝日新聞出版)に全力投入中です。来年春~夏には、両方とも刊行できるようにしたいと思っています。

This entry was posted in おしらせ. Bookmark the permalink.