佐藤真監督追悼上映と講演

先日、ドキュメンタリー監督の佐藤真さんが亡くなりました。
11月30日(金)19:00から札幌のシアターキノで、遺作『エドワード・サイード OUT OF PLACE』の追悼上映会を行います。また、映画終了後に、「サイードの精神」と題して、講演をさせていただきます。
●日時:11月30日(金曜日)19時〜
●場所:シアターキノ
詳しくは下記のシアターキノのHPをご覧ください。
●シアターキノ
http://theaterkino.net/index.html
また、佐藤さんの遺稿が『現代思想』10月臨時増刊号(総特集:ドキュメンタリー)に掲載されています。タイトルは「ドキュメンタリーもフィクションである」。
「エスノグラフィーをいかに書くか」という問題に直面し、「私」という主語でデビュー作『ヒンドゥー・ナショナリズム』を書いた私にとっては、佐藤さんは同じ問いを全力で追いかけていらっしゃる先達でした。
「なぜ、佐藤さんはサイードを描こうとしたのか」を、もう一度、じっくり考えてみようと思います。

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.