川内康範論

『図書』9月号に「川内康範と昭和の情念−任侠・正義・平和憲法」という拙文が掲載されています。
川内康範は、いわずと知れた「おふくろさん」の作詞者。森進一に絶縁状を突きつけたことで話題になった人物です。
この川内康範が戦後に展開してきた議論を再評価すべく、本稿を書きました。

This entry was posted in おしらせ. Bookmark the permalink.