竹内好『日本とアジア』

『中央公論』9月号の「古典再読」で、竹内好『日本とアジア』(ちくま学芸文庫)を取り上げました。
本書に収録されている「日本のアジア主義」は、アジア主義研究の古典であり、これを超える概説は、未だに書かれていません。
竹内好については、いずれ長い文章を書きたいと思っています。

This entry was posted in . Bookmark the permalink.