吉本隆明さんとの対談

毎日新聞連載の「アジア対談」。今月のお相手は吉本隆明さんです。5月23日の夕刊に掲載されています。
以前、別のところでも書きましたが、私は吉本さんの『最後の親鸞』(ちくま学芸文庫)に大きな影響を受けました。この本を読んでいなければ、私は仏教徒になっていなかったと思います。
吉本さんには親鸞についてのお話だけでなく、1950年代から70年代までの思想的交流や「アジア型政治」についてもお伺いしました。
対談は吉本さんのご自宅におじゃまして、収録させていただきました。応接間に通していただき、担当記者・カメラマンとセッティングをしていると、私の席に猫がやってきて、しばし昼寝の準備。吉本さんが満面の笑顔で、「こら、のきなさい」とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

This entry was posted in おしらせ. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>