岸田「國士」

明日(5月10日)から青山円形劇場で、ナイロン100℃のお芝居「犬は鎖につなぐべからず 〜岸田國士一幕劇コレクション〜」が始まります。この公演のパンフレットに、今回、文章を書かせていただきました(明らかに場違いな感じですが・・・)。
タイトルは「岸田『國士』−大政翼賛会という眩暈」です。
近代日本を代表する戯曲家・岸田國士は、近衛新体制下で成立した大政翼賛会の文化部長に就任しました。今回は、大政翼賛会に期待した岸田の論理と当時の世相について書きました。
近日中にお芝居を見に行かせていただくことになっており、とても楽しみにしています。

This entry was posted in おしらせ. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>