音楽師は2月に活躍(下)

音楽師は2月に活躍(下)
 正確な統計がとられているわけではないが、インド人の60%以上はB型であるという。といっても、パルシー(拝火教)やモスリムはA型が多いらしいので、ヒンドゥー教のB型となると75%を軽く超えているのではないかと思う。
 B型は目立ちたがり屋が多い。そして人に合わせることをしない。
 この性癖は、打楽器と弦楽器の2重奏の場合はプラスに作用し、演奏家の息が合って舞台ではじけた時などはとてつもない恍惚の時を会場にもたらすが、演奏家、特に同じ楽器が多くなると、皆が勝手なことをするため、収集がつかなくなる場合が往々にして多い。このため、インド音楽のオーケストラは非常に難しいとされている。
 にも関わらず、カタック・ケンドラはその偉大なるポリシーにより、タブラ5重奏やシタールとサロード、サーランギーの6重奏などとんでもない催し物を過去数度、行ってきた。今までは、同校で最も存在感のある音楽師が中心になってオーケストラを無難にまとめ、何とか成功を収めてきたが、毎回同じものをやるわけにはいかない。今年はまた新しい試みで、タブラとパカワジ、ガタム(壺)、タンバリン、南インドの打楽器の競演、そしてサーランギー5重奏と歌というものが行われた。
 
 打楽器演奏は初めての人でも、太鼓を聞くのと同じ要領で「これは凄い!」とよくわかるが、旋律楽器の演奏、特に、馴染みの薄い不思議な音色のサーランギーは、どれも同じに聞こえてしまう。自分が好きか嫌いかという判断以外は何をどのように評価していいのか全くわからず、ついつい眠くなってしまう。シタールであれば、(観客が眠そうだなー)と、演奏者が強烈なジャラをサービスしてくれるので、「おおっ!」と自然に目が開くが、弦がより複雑な構成であるサーランギーでは強烈なジャラを聞くことはできない。このせいか、数十分も続く不可思議なサーランギーの音色の不協和音(…に聞こえる)は退屈を極めるのだ。
 ラーガが何だ、掛け合いが何だ、ああとにかく眠い、ふぁ〜、リチャード・マークスのラブソングが聴きたいわ〜、あの詩がいいのよね〜、女心をくすぐって、ね〜、などと、となってしまう。
 このような時、私は演奏者の観察をすることにしている。
 デリーで一番設備が良いとされているカマニ大劇場を埋め尽くす観客は殆どが、出場する音楽師とカタック・ケンドラの生徒&家族&親戚で、皆、音楽師の誰と誰が仲がいいか、誰と誰が犬猿の仲か熟知しており、敵の演奏になると無視を決めるが、身内のソロパート演奏になると拍手を一斉に行う。たいへんわかりやすい。
 つまり、1人が盛大な拍手をもらうと、「なにぃ!こんなんで拍手を貰いやがって!」と、日頃から反目している演奏家の目が爛々とし、渾身の思いで、知りうる限り最高のテクニックを使ってジャラジャラジャラッと弾く。そうすると、「俺だってこれくらい弾けるわいッ」とやはり敵対する演奏家が知りうる限りの最高のテクニックを使って、ジャガジャガジャガッと弾く。そうするとまた別の演奏家が「小生意気な!インディァナンバルワンっていうのはどういうもんか見せたるわいっ」とブイ〜〜ンジャガジャガジャッッ!と決める。…という具合にどんどん演奏家がヒートアップし、舞台が白熱の様相を呈し、観客は息を飲む。
 まさに勝ち負けの世界だ。
 「芸術」が「勝ち負け」の世界なんて…。
 絶対違う、芸術性とは、真の芸術とは、人間の心が作り出す現世で最高の、至高の、究極の…云々などといってもそんなものはここには通用しない。そういえば、世阿弥も花伝書に記していたではないか。「勝つ」ことが重要、勝つために相手の気を見よ、と。
 そうか、インドは、数百年前の日本を想像しながら音楽が楽しめる国であったのだ。う〜ん、新しい発見だ。
 …という風に、カタック・マホツヴァはいつも新しい発見があり、たいへん楽しめる内容になっているので、初めてインド音楽を聴いてみたいという方には是非訪れて欲しいと思う。
 (もちろん本格的なインド音楽が聴きたい人には決してお薦めできるものではない)。
 
 来年の音楽師競演はどのような趣向で行われるのだろうか…。今からとても楽しみである。
 
(注:カタック・マホツヴァは例年1月の終わりから2月の始めにかけて、デリーで行われる人気のフェスティバルである)。

This entry was posted in General. Bookmark the permalink.

3 Responses to 音楽師は2月に活躍(下)

  1. http://blogs.yahoo.co.jp/km6921/30645298 says:

    へー。なかなか面白いですね。

  2. こんにちわ。まさら通りのトウショウです。
    いつもお世話になっています。
    こちらのブログを、まさら通りのブログ・まさらな日々にリンクさせて頂きましたのでご連絡させて頂きます。

  3. AKB48 says:

    インド人の60%以上はB型・・・
    すごい国ですねー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>