ラージャスタン2

20050505-img_130674_2240755_0.jpg
先ほど選んだ写真はお城の外からのもので、電線などが顕わになり、生活がにじみ出ているものであった…(反省)。
こちらの写真は城塞の門から入ってまっすぐ行ったところ。
朝夕は女性達が、数時間かけて箒と水を用いて掃除をする。
かなり綺麗にしているので、近郊のムスリムの村から働きに来ている女性達なのかもしれない。

This entry was posted in travel. Bookmark the permalink.

5 Responses to ラージャスタン2

  1. arukakat says:

    今頃になって雅子さんのブログが始まっていたことに気付きました。一番上の画像、マイクが一緒に映っているところがいいですね。現代のカタックはマイクなしには語れませんから・・・。この夏、少しだけモルディブへ亡命してきます。

  2. miyabi says:

    中世の北インドの身分の高い舞姫は皆、歌を歌い、舞い踊っていました。男性のようにボールを言って踊るようになったのは、どうも19世紀後半、あるいは20世紀になってからのようです。ただ、インドには文献が殆ど残っていないのでよく調べることができません。やはり大英図書館ですよね。同級生の英国訪問にくっついていこうかしら、などとも考えています。
    モルディブですか?いいですね。
    報告楽しみにしています。

  3. メグ says:

    ムスリムの女性ではないと思います。しかしイスラムの影響といえるでしょう。Hindu女性が頭を男性の目線から隠れるようになったのはムスリムの人が入ったからといわれているよ。

  4. Mii says:

    この地方では、昔から下働きの仕事は、身分の低い人達がするもので、その内の多くがイスラム教に改宗したと言われています。(税金優遇政策のためでしょう)とはいっても王宮内を清掃できる、というプレスティジャスな仕事にありつけるのは、その中でも身分の高い人達、なので、ヒンドゥー教徒である可能性は大ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>