Category Archives: 新聞雑誌より

お薬おじいさん

ニューデリーに、不要になった薬を集めてまわる 75歳のおじいさんがいるそうです。 集めた薬は、仲間のお医者さんが精査した後、 薬を必要としているけれど、お金がない人々に 無料で与えているそうです。 これを読んで、確かに・ … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | Leave a comment

質素な移動手段

インドでは政治家がやって来ると道が封鎖される。政治家の乗った車は、信号無視で悠々と過ぎ去っていく。その間、バリケードの外では大変な渋滞が起こっている。 そんな、お偉い方の間で、最近妙なことが流行っており庶民の私は面白くニ … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | Leave a comment

かぶりもの 2

お向かいのイラク人女性から預かった冷蔵庫の袋のことが気になっていたのが、翌日仕事から帰るのが遅くなってしまった。とはいっても帰宅したのは8時半ごろ。お向かいさんも自宅にいたようだが、冷蔵庫の物を取りに来る気配は一向になか … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | Leave a comment

タミル・タイガー

タイムズオブインディア紙より。 トラ1「プラガーカラン、ついに殺されちゃったね」 トラ2「まぁ、当然だよ」 トラ2「タイガーって名乗るから、自らを絶滅の危機にさらしちゃったんだよ」 ―――風刺漫画家というのは、いつもこん … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | Leave a comment

オックスフォード大学の教授候補に

インド人の文学者、批評家であるアルヴィンド・クリシュナ・メヘロートラ氏が、オックスフォード大学の教授職の候補に挙がっているらしい。5月15日付のザ・ヒンドゥー紙が報じていた。 アルヴィンド・クリシュナ・メヘロートラ氏は1 … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | Leave a comment

お墓の場所がない

日本では土地不足からロッカーのような墓があったり、ネット墓なるものまで存在する。一方、広大と思われるインドでも、都市部では深刻なお墓不足に陥っているらしい。 インドのマジョリティーを占めるヒンドゥーはお墓を作らないので、 … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | 4 Comments

政党サーリー

選挙の話題が世間を賑わしている中、インドのファッション界も遅れをとっていなかった。 モーナー・ランバーと、パーリー・サチデーヴが1985年に創立したブランド『モーナーパーリー』が、政党のシンボルマークと、政党を率いている … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | Leave a comment

有権者の誇り、指のインク

今日は投票日のため、会社がお休みになった。 インドの選挙で興味深いと思うものに、指のインクがある。こちらでは、同じ人が何度も何度も投票をしないように、投票をした人の指から爪にかけて、黒や紫色のインクを塗る。このインク、何 … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | 2 Comments

シェヘナーズ・フサイン

最近、すっかり日本からの来客が減った。昔は週に1度はお客様がバンガロールに来ていて、お土産を買いにいくのにも付き合ったものだ。 昔、『女性が髪の分け目に塗っている赤いヤツを買って帰りたい』とおっしゃっていたお客様がいた。 … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | Leave a comment

舞台衣装のまま逝った巨匠

カルナータカ州沿岸部、マンガロールやウドゥピで行われているパフォーミング・アートであるヤクシャガーナの巨匠ケレマネ・シャンブー・ヘグデが1月2月に亡くなったというニュースが新聞に載っていた。 私は彼のことを知らなかったの … Continue reading

Posted in 新聞雑誌より | Leave a comment