Category Archives: 催し物@日本

サッカーインド代表チーム、再来

インド代表チームがふたたび日本にやってくるらしい。AFCアジアカップ2007予選大会で日本代表と対戦することになったのだ。 2月22日(水)、日産スタジアムにて19:20キックオフの予定。チケットは既に一般販売されている … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 2 Comments

ミニアチュール用の紙を作る

昨日はひさびさのミニアチュール講習会の日だった。会場が見つからなかったので、今回は特別、西葛西の我が家にご参集いただいた。 メンバーは、Shaheenさん、あぷさらダンサーのさちさんとゆきさんである。先生は、いつものとお … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 6 Comments

バローチスターン調査現場から(4)

●ペシャーワルのアミール:アフガン難民楽師の音楽 2002年の夏、国際交流基金でラバーブを演奏したアミール・ジャーンというアフガン難民楽師がいた。音楽を奏でる喜びが滲み出ているような演奏と、レセプションで見せていた満面の … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 2 Comments

バローチスターン調査現場から(3)

●パンジャーブの宗教音楽を訪ねて アリオン音楽財団で企画・制作を担当している飯田一夫氏の招待講演があった。 飯田氏こそが、2004年7月の<東京の夏>音楽祭でメヘル・アリー&シェール・アリー・カッワーリー・アンサンブルを … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 2 Comments

バローチスターン調査現場から(2)

●ハザーラ族のアーシューラー 「今日はそんなに血は出ませんから、大丈夫。」 と言いながら村山先生がDVDを再生した。これから1994年にクエッタで撮影したアーシューラーの映像を見ようと言うのだ。 アーシューラーとは、最近 … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 2 Comments

バローチスターン調査現場から(1)

先週の土曜日、和光大学所蔵のバローチスターン部族文化に関する映像コレクションを見る催しに行ってきた。これは、和光大学講師の村山和之先生が1989年〜2004年にパキスタンやイランで行ったフィールドワークの記録を4時間にま … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 4 Comments

パプー・サーイーンのドール@万博

私が愛地球博に行った18日(月)、15時から特設ステージでドールの演奏が行われていた。 ドールとは幅1m、直径50cmあるパンジャーブ地方の太鼓。首から吊り提げて、布団叩きのように曲がったバチと、真っ直ぐなバチの2本で叩 … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 7 Comments

名古屋ふたたび

今週末、ふたたび名古屋に行くことにした。 『Tsunami Benefit Bhangra 〜 インド洋津波復興支援イベント in名古屋』に参加し、ついでに愛地球博を見てきてしまおうという計画である。 愛地球博でチェック … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 4 Comments

八街のミニアチュール画家

「八街(やちまた)に細密画を描いているインド人がいるんだってよ、知ってた?」 と、同郷の村山先生が教えてくれた。全然、知らなかった! その細密画家とはムハンマド・アリー・ハーン・ゴォリーさんのこと。ジャイプル生まれで、5 … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | 4 Comments

華麗なるペルシャ絨毯の世界

   ちょっと前の話になるが”ジン(精霊、魔物)”を織り込んだと言う絨毯『Arab Jenni』を見に、「華麗なるペルシャ絨毯の世界 イラン・ミーリー工房の復元作品と古典作品」展@渋谷区松涛博物館に行ってきた。 会場は清 … Continue reading

Posted in 催し物@日本 | Leave a comment