隣国の留学生

近所の学生寮に、パーキスターン人留学生の

グラーム・アッバースさんが住んでいます。

ラーホールとデリーのお祭りの比較研究で

博論を書いているそうです。

こちらにいるパーキスターン留学生は珍しいです。

インドに来るだけでも相当な苦労をしたことと思います。

敵国インドにいるため、

「デリーから出てはいけない」という制約があるそうです。

インド到着後24時間以内に

外国人登録所にレポートする決まりもあります。

既婚者なので、家族も連れてきたくてビザを申請したら、

却下されたそうです。

なんだかんだと苦労が多そうです。

パーキスターン人であることを

知られているのか、知られていないのか、

インド人の友達とつるんでいる様子はありません。

インド人学生が楽しそうにバレーボールをしている脇で

ひとりタバコをふかしてチャーエを飲んでいる姿は

なんだか哀れです。

ときどき印パの民間交流を促進するサークルの学生と

散歩をしている姿を見かけますが

義務的であり、あまり楽しくはなさそうです。

我々とも顔見知りになったので

すれ違ったら言葉を交わします。

我々がインド人ではないせいか、

それとも日頃の鬱憤がたまっているせいなのか

それとも、パンジャービー気質なのか

我々の前で結構きついことを口走っています。

インドの食事は材料をケチっているからうまくないとか

インドは万事がケチだとか・・・。

彼は博論のドラフトを

わずか1年あまりで提出してしまったので

アルカカット氏が

「そんなに早く提出すると、簡単にできた論文と思われ

博士号をもらえないのではないですか」

と言ったそうです。すると

「おまえたちこそ、5年間遊びまくって

最後の1か月で博論を仕上げているのだろう」

と言って怒っていたそうです。

また別の時に、

男子学生寮の前でメールアドレスを交換しようとして

ペンがないかなと辺りを見回した時に

「誰か教養のある人なら持っているでしょう」

と皮肉を言っていました。

孤独なあまり、

他の学生の楽しく遊ぶ様子が目障りに映っているのだなと

思われました。

彼はグジュラーンワーラー出身。

「グジュラーンワーラーってラーホールとカラーチーの間の?」

と言ったら

「何をガキみたいなことを!

だいたい、ラーホールとカラーチーの間に国の8割が入るし。

地理というのを知らんのかね。

グジュラーンワーラーは、

ラーホールとイスラーマーバードの間だ」

と言って怒られました。

グジュラーンワーラーは工業エリアなのだそうです。

すると彼は急に故郷の懐かしさに酔ったようになって

「ペシャーワルで仕事の面接を受けた時に

面接官がパシュトー語で

『グジュラーンワーラーは、パーキスターンの日本だ』

と呟いた、あの響きがとても可愛くて

忘れられないなぁ」

と言っていました。

そんなこんなできつい人なので

敬遠した方が良さそうだなと思っていましたが

先日、すれ違ったときに

まだ生後3か月の我が娘の姿を見て寄ってきて

スローモーションになって

額やこめかみに口づけしていました。

彼は本当はいいやつなのかもしれませんが

インドでフラストレーションがたまっているため

とっつきにくい人になっているのかもしれません。

彼の留学が成功裏に終わることを祈るばかりです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>