ムニールカー・シャリーフ

ひさしぶりに会った知人と言葉を交わしたりして

楽しく過ごしている今日このごろです。

育児と家事も、何とかなりそうです。

やっぱりインドに戻ってきて良かったです。

今日は、腰痛対策ヨーガを教えてくれた

ウメーシュ先生に出会いました。

「娘が生まれたんです」

と声をかけ

「その後、腰痛はどうですか」

などと話をしていました。

ところで、大学で日本語を教えているM先生が

寮に引っ越してきたらしいので

「この寮に、もう一人日本人が住んでいるそうですね」

と言いました。するとウメーシュさんは

「ひとり、いますねぇ。ヒンディー語を勉強していて

なんと、Ph.Dをやっているんですよ!」

と応えました。

・・・そりゃ、私の夫じゃ。

ウメーシュさんは、何をトンチンカンなことを

言っているのだろうと首をかしげながら

ウメーシュさんと別れました。

その後、アルカカット氏の後輩の女の子に会いました。

今度は彼女に

「あぁ、誰だか分からなかった」

と言われました。

どうやら、インドに来る前に髪を切ってしまったせいで

私とは気づかないインド人がいるようです。

私はそんなに劇的に変わったのでしょうか。

ウーム。

○   ○   ○

シーア派ムスリムの隣人マズハルさんは、健在です。

ムハッラムの喪に服す期間に突入したので

赤や黄色の服は避け、揚げ物も避けて

暮らしております。

昨日、アルカカット氏がマズハル氏とすれ違った時に

「今からムニールカー・シャリーフに行く」

と、言っていたそうです。

エッ!ムニールカーにシーア派宗教施設があるの?

そう尋ねると、アルカカット氏は

「あるわけないじゃん、マズハルさんによる

マズハリアン・ジョークだよ」

と言っていました。

シャリーフ(高貴)とはほど遠く、

小さなアパートや商店が密集して

とても綺麗とは言えないムニールカーに

「シャリーフ」をつけるあたりに

皮肉を感じます。

今度私も、とてもシャリーフとは言えない地名に

シャリーフを付けて、ふざけてみようと思いました。

でも、日本だと

思わぬところに実際にモスクがあったりするので

大して冗談にならないかもしれません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>