路上で見た珍しいもの

昨日、夕方にお出掛けしました。

またもや曇り空で、

雨が今にも降り出しそうな感じでした。

オートを捕まえて移動していたら

風が吹いてきて、いよいよかと思われました。

昨日がユニークだったのは

風で綿毛がたくさん飛んでいたことです。

インドワタノキの実が熟したのでしょうか、

それとも他の木でしょうか。

地面に落下した丸い綿毛は、

路肩をコロコロと転がっていました。

真っ白白助といった感じです。

オートの中にも、綿毛が入ってきました。

綿の中心に、タンポポの種に似た種があり

毛は、すべすべして、とても柔らかかったです。

困ったことに、

唇に塗ったグロスに綿毛が貼りついて来ました。

虫のシーズンになれば

羽虫が貼りついてくるし。

こちらでは、グロスは

目的地に到着した後に塗った方がいいかもしれません。

§

さて、最近路上で珍しいものを見ました。

ひとつはオレンジ色のバスです。

キラー・バスと呼ばれるブルーラインバスが駆逐され、

バスがやってくる頻度が落ちて

庶民は不便していたのですが

やっと投入されたのが、このオレンジ色のバスです。

まだデリー中に600台しかないそうです。

ふたつ目は、女性のオートドライバーです。

日中、ムニルカー付近で目撃しました。

長い髪を後ろでまとめ、

白い制服を着て走っていました。

やはり女性にとってオートは大きいのか

彼女が華奢なだけなのか

前傾姿勢に座っていて

少々もてあまし気味のような印象を受けました。

女性しか乗せないのか

空の状態で走っていました。

最近は女性のバスコンダクターもいるそうです。

バンガロールの公共バスのバスコンダクターは

混雑している車内を練り歩いて

チケットを売っていましたが

デリーの公共バスのバスコンダクターは

横着して、扉の近くの席に座ったまま

動きません。

乗客がコンダクターのところまで行って

チケットを買うのです。

だから、デリーのバスコンダクターは

女性でも容易に勤まることと思います。

現在、600人の女性バスコンダクターがいるそうです。

This entry was posted in 暮らし. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>