お金の話でアレですが

2007年に、リライアンスの生命保険に入っていたのですが、

日本に帰国するため解約し、

お金を取り戻す手続きをしてきました。

なぜ、生命保険に入ったかと言うと

所得税対策のためです。

インドでは月収が1万ルピーを超えると

所得の25%くらいを所得税として

持って行かれます。

(この所得税を払っている人口は

全インドで2000万人くらいしか

いないという話です。)

25%とは、結構な割合だと思います。

ですが、家や車のローンを組んだり

生命保険に入ってお金を払うと

年間10万ルピーまで

所得税が免除されます。

つまり年間2万5千ルピーくらい、浮くことになります。

ということで、

専門用語が良く分からないけれど

加入してみたのです。

投資型の生命保険で、

国債など政府系に投資する割合と

株など市場に投資する割合を選べます。

「政府:民間」の投資の割合を、テキトーに8:2にして

4年間、放ったらかしにしておきました。

『マーケットが下がったので、

プロフィットを確保するには、

もう10万ルピー、投資してもらう必要がある』

という電話がかかってきて焦ったりもしましたが、

結局、放ったらかしのままでも、

お金は減ることがなく解約できたので

安心しました。

3万ルピーくらい増えたのですが

銀行でも、そのくらいの利子がつくので

純粋に所得税対策として

利用するならOKといったところでしょう。

解約の手続きも非常にシンプル。

加入者証を返して、書類を書き込み、

PANカードのコピーと、クロスした小切手を

提出すれば良いだけでした。

お金は7~8日で戻ってくるそうです。

§

次の課題は、、、、

ルピーを両替して日本に持って帰ることです。

1ルピー=3円の時代を知っている者としては

1ルピー=1.5円で両替するのは

非常に心苦しいです・・・

「ルピーよ、持ち直して!」

と応援すると同時に

「国際社会よ!日本円にそんなに価値があるか?」

と大声で問いたい気分なのですが

今後もルピーは下がる一方かもしれません。

インフレの勢いも凄いですし。

銀行を通して送金すると、

20%くらい手数料をとられるというハナシです。

こうなったら、

インドで高い買い物をして帰った方がお得かも。

金に投資しようかしらん?

とか、

商才がないクセに

パシュミナ商人になろうかしらん?

と考えてみたりする今日このごろです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>