日本に持って帰るもの

28度前後の涼しい日が続いています。

ありがたいです。

ところで、ついに美味しいベール・パッタルに

ありつくことができました。

今まで手にしたものより黄色く

そして実から良い匂いが漂っていました。

早速、固い殻を割って、

殻の裏に付いている果肉をスプーンでこそぎ落とし

種を囲んでいるスポンジ状の部分と一緒にして

水を加えながらグチョグチョとつぶしました。

甘味が足りないようでしたら、砂糖を足します。

そしてザルで漉せばシャルバトの出来上がり。

なんとも言えない香りがして美味しかったです。

アルカカット氏も「ウマイね。」と、満足げの様子でした。

現在、何を日本に持って帰るべきか

あれこれ思案中です。

Good EarthのModern Mughalや

Golkondaのお皿、日本で使いたいなぁ~と思ったり

台所がガスレンジではなくIHだから

タワーは使えないなぁと悩んだり。

スパイスは日本で買うと高いから、買って帰ろうと思ったり

ナーギラ(皮の靴)や髪用のヘナを買い溜めしておこうと思ったり。

アルカカット氏は、ニンブー搾り器が便利だから

持って帰ろうと言います。

しかし、日本で手に入るのはレモンでは??

すると、「ニンブー(ライム)を日本で育てるのだ」と

言っていました。

ニンブーは旨いし、使い切りサイズだから

日本で絶対重宝するのだそうです。

では、ライムを植えることにしますか。

(実が生るまで何年かかることやら)

ついでにカレーリーフや、ベールパッタル、

ヘナも育てたいなぁと思います。

マンゴーは、既に植えたし。

コリアンダーも育てて、

インド菜園を作るのです。

日本に帰ったら、子育てのため

暫くは印パに行けそうにないので

せめて日本で印パ的なものに囲まれて

過ごしたいなぁと願っています。

Good Earthのモダン・ムガルコレクション。HPより

ゴールコンダ・コレクション。HPより。

This entry was posted in 暮らし. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>