マハーラージャ級タッパーウェア

会社の人の多くはお弁当を持って来ている。2、3段になった、おなじみの金属製のお弁当箱を持って来ている人もいるが、タッパーウェアを、筒型の布製の袋に入れて持参している人も多い。
朝、オフィスボーイが社員からタッパーウェアを回収して回る。食堂に設置されているお弁当ヒーターであらかじめ温めておく。社員が食堂にやってきたら、すかさず皿とスプーン、そしてタッパーをテーブルの上に出す。同じ形と色のタッパーウェアを使っている人もいるのだが、オフィスボーイはちゃんとどれが誰のものか覚えているので驚きである。社員は中身をたいらげ、ソーンフを噛み噛み、食堂から去る。オフィスボーイは、置き去りにされた空のタッパーにフタをし、もともと入っていた袋に入れて夕方社員に戻す、というのが日課だ。
そんな人々の暮らしに密着したタッパーであるが、ディーワーリーシーズンに「ロイヤル・ジャイプル・コレクション」なるものが登場したみたいだ。ジャイプルのブルー・ポタリーをイメージして作られたもので、汁物というより、ディーワーリーの時に贈られるミターイーやナムキーンの保存用みたいだ。お値段は225ルピーから450ルピー。模様がなんとも優雅。セットを揃えたらマハーラージャ気分になれそうだ。だが販売箇所が限られているのか、今まで店頭で目にしたことはない。お土産に良さそうなのに。
20100123-TWRJC.jpg

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>