指さし会話帳 パキスタン!

ジャジャーン!
20070912-yubisashipakistan.jpg
インドにいながら、こんなにも早く入手してしまった『旅の指さし会話帳 75 パキスタン』。ヤッター!
皆さんは『旅の指さし会話帳』をご存知だろうか?これはとっても便利なシロモノなのである。かつて英語が通じないチュニジアを旅行した時に『旅の指さし会話帳』を持っていって大変お世話になった。このヒンディー語版はかなり前に既に出版されていて挿絵がとっても可愛いので気に入っている。特に「酸っぱい」「苦い」のイラストとか「ケチ」「どケチ」のイラストが印象に深い。
そんな『旅の指さし会話帳』の待望のパキスタン版が出たのである。パキスタン版では、ウルドゥー語会話を紹介している。執筆したのは、音楽CDの歌詞カードに、コンサートに、研究会に、と最近忙しくされている村山先生だ。
クラブ・ボリウッドの歌詞カードの時と同様、今回も1ヶ月半というタイトなスケジュールだったらしい。そのため、修正点があったのだけれど反映することがないまま出版を余儀なくされたのだとか。
とは言え、全体として『旅の指さし会話帳パキスタン』は、読んでいて楽しいコアな本に仕上がっている。例えば村山先生がかつて研究なさっていたバェンジョー(大正琴)や、アフリカ系住民スィーディーのことについて触れられている。バローチー語、スィンディー語、パシュトー語にも触れられているし、サラーエキー語、ブラーフイー語の民族語詩人にも触れられている。楽士へのお金の渡し方の注意まで書かれており、なるほどと思わされる。
また、下痢患者の心の支えであるイスパゴールがイラストと説明付きで載っているし、宗教に関するページは妙に詳しい。指の間接を使った数の数え方まで書いてある。
このように、歩き方などのガイドブックよりも、ぐっと読者をパキスタンに引き寄せてくれるものがある。
「あなたの趣味は何ですか?」のページにあった「愛車いじり ピャーリー・ガーリー・バナーナー」にも笑ってしまった。派手なトラックの隣に立つ白いシャルワール・カミーズ姿のパキスタン人のイラストが描かれていて、なんともお茶目だ。
思ったのだが、イラストを見ていると『旅の指さし会話帳』は女の子が持って旅行すること前提に作られているのだなぁ。ハートマークがよく登場してくるし、日本的『カワイイ』さのある本だ。この本を持った日本人の女の子が笑みを浮かべながら、たどたどしいウルドゥー語でパキスタン人男性に話しかけたらどうだろう?普段親戚以外の女性と会話をしないパキスタン人男性のことや、話しかける時の注意点についても触れているとますます良かったのではないかなと老婆心ながら思った。
演劇に関する情報も載っている。「どの役者が好きですか?」のページでカリシュマと言う名のボーズ頭の役者が紹介されていて「あ!」と思わされた。あれは私の大学時代の同期で、パキスタンでコメディアンをしている日本人である。カタカナはカリシュマだが、ウルドゥー語表記が、彼の名前のままになっていて、見る人が見れば分かるようになっている(笑)
20070912-kurashima.jpg
ただ今、連日のようにテロが報道され外務省も危険度をアップさせてしまったパキスタン。観光が冷え込み、このまま行くと日本‐パキスタン間のパキスタン航空のフライトも危くなり、パキスタンはますます日本人にとって遠い国になろうとしている。その中、パキスタンへの愛が篭もった『旅の指さし会話帳 パキスタン』が出たことは朗報ではなかろうか?多くの人が、この本によってパキスタンのイメージを変えてくれますように。
●「旅の指さし会話帳 75 パキスタン」
村山 和之 (著)
\1,890 (税込)
単行本: 127ページ
出版社: 情報センター出版局 (2007/08)
ISBN-10: 4795835039
ISBN-13: 978-4795835030

This entry was posted in 言葉. Bookmark the permalink.

2 Responses to 指さし会話帳 パキスタン!

  1. 閑話休題 says:

    マニアックですねえ。笑 旅行をする際に、現地の言葉を全く知らないのと、ほんのわずかでも知っているのとでは天地ほどの差がありますが、これはまさに、その「ほんのわずか」を実現してくれる優れたシリーズだと思います。
    さて、チュニジアへ旅行されたことがあるようですが、その時に持参したのは、アラビア語とフランス語のどちらの会話帳だったのでしょうか。私の場合、全く言葉の知らない国を旅行する度胸はありません。お見逸れしました。

  2. kahkashaan says:

    チュニジアに持参したのはフランス語版です。モロッコも訪れたのでモロッコ版アラビア語を買おうとしたら在庫切れだったのです。
    指さし会話帳、チュニジアのホテルの親父さんに大変気に入っていただけました。モロッコでは比較的英語が通じたので不自由はしませんでしたね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>