在日アメリカ人のインド風パーティー

風邪で体調を崩し家で寝ていたら、午後4時ごろ携帯に電話がかかってきた。女性の声で、
「Hello?ボビーから貴方のことを聞いて電話しました。」
と言う。ボビー!?そんなお知り合い、いたっけ。頭が朦朧として思い出せない。
彼女は27日に南麻布でメヘンディー・パーティーをやるので私に来て欲しいと言う。
・・・麻布。麻布と言えば私の中ではパキスタン大使館である。5月2日に任期を終えてイスラマに帰ってしまった元パキスタン大使館のニガットさんの後釜の方が来日して、早速メヘンディーのお仕事をくれたのか、と勝手に考えた私は
「あぁ、パキスタン大使館の方ですね、分かりましたブツブツ〜〜」
と言って半分瞑想の域に入りかけた。が、彼女の
「WHATTTTTTT!!!???」
という声に覚醒を余儀なくされた。
    20050409-20050405baisakhi_smlsml.JPG       20050409-20050405baisakhi_smlsml.JPG       20050409-20050405baisakhi_smlsml.JPG
‘ボビー’と言うのは、六甲サリー(東京都渋谷区広尾5丁目19番地2号 パラシオン広尾302号) のサルダール・ジーこと、バトラーさんのことだった。電話して来たのは彼のアメリカ人のお友達のニーシャさん。
彼女の旦那さんはロンドン生まれ、アメリカ育ちのインド人だと言う。インドに興味を持っている彼女の企画で今回、麻布界隈に住むアメリカ人の友達を呼んで28日にインド風パーティーを開くことになったらしい。その前夜祭として、女同士で集まりメヘンディーを塗りたいので、私に塗りに来てくれないかという話であった。これは面白そうだと思ったので、助手のお登美さんを連れて、喜び勇んで教えられた場所に向かった。
会場は民家だった。と言っても、南麻布のマンションの1フラット全てを占有しているような民家だ。白を基調とした広々とした室内でアンティークのシノワ風の調度品が妖しく黒光りしていた。また、明るく進んだ感じのするキッチンでは、こういうところではお決まりなのだが、東南アジア系の女性が2人働いていた。
その夜、15人くらいの女性がメヘンディーを塗りにやってきた。アメリカ人はメヘンディーに大はしゃぎ。
「背中に、何か塗って。何でもいいわ、クリエイティブにね!」
と言った女性は、塗り終わった後、自分では見えないものだから友達にまず見せた。
「どう、私の背中?良い感じ?」
すると、友達は
「あら、何でピーナッツなんて描かせたの?」
と訝しげに言った。
「オー・マーイ!!」
と叫ぶ彼女。こんなやりとりが終始行われていて、愉快だった。もちろん私は背中にピーナッツなんて描いていません。
彼女たちの会話を聞いていて思ったのだが、皆、そこそこインドのことを知っているらしくて、明日は結婚式用のサーリーを着るだの、額のビンディーをどうするだの、パンジャービーMCが何だのと話していた。小学校低学年くらいの女の子がいたのだが、その彼女でさえ
「クラスメートのインド人がインドでの休暇から帰って来た時に細かいメヘンディーをやってもらっているのを見たわ。だから私もあんな細かい模様のメヘンディーがしたいの!」
と言っていた。
メヘンディーの後は、ただ1人のインド人の参加者ヴィジャエさんを囲んでバングラーの練習会が繰り広げられた。私とお登美さんも輪に混じってバングラーの基本姿勢をとって見せたのだが、あまりうまく出来なかった。だが、当日はニーシャさんの旦那さんが踊りの指導をしてくれるので問題なさそうだった。
その後、パーティーがどうなったかは知らない。この日の出来事はアメリカ人がインド文化をどう受け入れて、どう楽しんでいるのかを垣間見ることが出来る貴重な体験だった。

This entry was posted in ヘンナ塗り. Bookmark the permalink.

9 Responses to 在日アメリカ人のインド風パーティー

  1. へもいまとん says:

    なんでボビーなのかが理解に苦しみましたが異文化交流お疲れ様です。しかも、いつの間にか助手がいるし...弟子入りさせたんですか?
    妄想して楽しませていただきますよ(フフッ

  2. kahkashaan says:

    へもいまとんさん、
    おとみさんは2年前からナマステインディアというイベントでヘンナ塗りに加わってもらっています。去年はちょうど情処の試験日と重なっているんですよね、だから彼女の存在に助けられました。
    モ、妄想??右脳デスヨ、右脳!

  3. says:

    すいません、通りすがりです。
    同じようなイステッカルを持っているので、つい
    http://image.kansai.com/kdc...

  4. kahkashaan says:

    そうです、イステ(反り舌)ッカルの絵でした。MALAIKAで見かけた時に惚れ込んで購入しました。

  5. おとみ says:

    おくればせながら、弟子のおとみです。
    弟子になれと言われたわけではなく、勝手に弟子のつもりでいたら、助手として使ってくれていて嬉しい限りです。
    ピーナッツ!!そんなことを話していたのですか!知らなかった。
    あのホームパーティーはホント、すごい刺激になりました。目をキョロキョロさせながら、「ははぁ」と感嘆の声をあげるばかり。
    今後ともどうぞよろしくお願いします。

  6. kahkashaan says:

    あれはホームパーティーではなくて「前夜祭」だったのよ!だから本番はもっと凄かったはず。イヤ〜、セレブですねぇ

  7. まとん says:

    あすた...いやもう強打...今日だ。
    ほにゃらら記念日で会社お休み。
    だから、こんな時間に師弟関係を羨ましく思い、我激しく弟子入りキボンヌ(嘘っす)
    あっ竜雷太!...雷大丈夫でした?
    あぅあぅあぁ〜...ぐーたら宣言。

  8. おとみ says:

    あ、そうだった。
    正しくはホームパーティー前夜祭でしたね。
    ・・・っていうかホームパーティーで前夜祭なんてありえんっ!!
    やっぱお手伝いさんの存在は大きいんだろうな。

  9. kanon says:

    はじめまして♪
    六本木でボリウッドダンスのスタジオをオープンさせました。
    衣装など調べてたら偶然に拝見する事ができましたので・・・コメントさせて頂きました

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>