パプー・サーイーンのドール@万博

私が愛地球博に行った18日(月)、15時から特設ステージでドールの演奏が行われていた。
ドールとは幅1m、直径50cmあるパンジャーブ地方の太鼓。首から吊り提げて、布団叩きのように曲がったバチと、真っ直ぐなバチの2本で叩いて演奏する。手で叩くことによってタブラのドムゥッというような、表情のある音も出るのだが、基本的に雷のように迫力があるのがドールの特徴。その耳をつんざくような音が多くの日本人を呼び寄せていた。
20050421-20050418dhol_pappu02.JPG
演奏していたのはラーホールから来たパプー・サーイーンさんと、その弟子。2人の息はぴったりで、ドールが刻むリズムは狂うことを知らない。メロディーもない30分〜40分もある長い曲をよく暗記していられるものだなと感心してしまった。
曲の途中からカミーズ・シャルワールを来た日本人の男女2人がステージに現れた。太鼓やステージに両手で触れ、その手を額に持っていき敬意を表していた。パイプ椅子やスタンドマイクを脇に移動させた後、2人はステージでおもむろに踊りだした。パキスタンのカッワーリーの宴などで、音楽に陶酔して踊る人達を再現したらしかった。
曲はクライマックスを迎えた。グルグルとその場で旋回しだしたパプーさんは、遠心力で宙に浮かんだバングラー・ドールをなおも激しく打ち続けた。バングラー・ドールは宙高く舞い上がり、つられてパプーさんの服の裾も持ち上がり脛が露わになった頃、曲が終わり、観客から拍手喝采の嵐が巻き起こった。
       ○           ○           ○  
パプー・サーイーンさんは、毎週木曜日夜10時からラーホールにある聖者廟、シャー・ジャマール廟でドールを叩いているらしい。昼間、屋外で演奏するのは今回が初めてのことだったとか。
ステージで踊っていた日本人はラーホールでパプーさんからバングラー・ドールを習っている方だった。パプーさんについて、
「メモをとったり、録音することを許してくれないので大変。全て耳で聴いて覚えなくてはいけない。」
と言っていた。ちなみに今回の演奏は、こっそりとMDで録音したらしい。
ついでにステージでの踊りについても訊いてみたが
「陶酔したパキスタン人達の踊りはもっと激しく、到底真似できない」
と、降参した様子で語ってくれた。
20050421-20050418dhol_log_sml.JPG
演奏後、とりまきのようにパプーさんの後をついて行ったら、パキスタン館の中にあるレストラン「K2」でチャーエをご馳走してもらえることになった。上が、その時の写真。
右にいるのがパプーさん。左にいる、蛍光の黄緑色をしたTシャツにカシミールのショールを纏った風変わりなパキスタン人男性は、ミュージシャンのファルハード・フマーユーン・サイヤドさん。
彼は16日(土)に、万博の別の会場でパプーさんと一緒にドラムを演奏していたらしい。彼もパプーさんの弟子のうちの1人であり、お茶を飲んでいる間も口でディンディンナー、ディンディンナー♪とレッスンに余念がなかった。

This entry was posted in 催し物@日本. Bookmark the permalink.

7 Responses to パプー・サーイーンのドール@万博

  1. rabiya says:

    トラバありがとうございます。ひょっとして、当日お会いしたウルドゥー語が話せる方ですか??師匠は無事にラホールに帰っていきました。今

  2. kahkashaan says:

    rabiya様、
    おぉ、やはりあの時の!師匠に会えて良かったですね。
    トラバ、文字化けして済みません^^;
    今後とも、よろしくお願いします。

  3. gramali says:

    rabiya経由でこの記事を見せてもらいました。弟子のgramaliです。万博では久しぶりに師匠のドールで踊ることが出来てよかったと思っています。500年前から毎週木曜日にババ・シャージャマール聖者廟で行われているスーフィー・ナイトでも他のスーフィー・マランゴと共に踊っています。また8月にはパキスタンに帰るつもりでいます。8月以降、パキスタンに来ることがあったら是非、木曜日はババ・シャージャマールで行われるスーフィー儀式に足を運んでください。とんでもない世界が展開しています。

  4. kahkashaan says:

    書き込みをありがとうございました。次回の訪パ時は是非木曜の夜のシャージャマール廟に行きたいと思います。
    素晴らしい師匠に出会えて良かったですね。はたから見ていても熱い師弟愛を感じ、うらやましく思いました。

  5. もう一人の師匠

    4月、突然ドールの師匠が来日し急遽愛知万博に行ったが、再度万博に行く事になった。
    パキスタンのフォークミュージシャンであるもう一人の師匠が万博で演奏するために来日していたからだ。
    7月1日金曜日の夜行バスで…

  6. rabiya says:

    お久し振りです。その後いかがお過ごしでしょうか。TBさせてもらったんですが、先週末再び万博に行ってきました。4月の時とは違ってえらい人ごみで驚きましたよ。

  7. kahkashaan says:

    万博はますます混雑しているらしいですね。
     先日、「ガンダーラ」というパンフレットを入手しました。パキスタン館で配られているらしいです。発行人は、P&Jサポートという大阪市北区にあるNPO法人。
     その冊子の中で、パキスタン館にあるK2レストランは、大阪南港ATCや中津にあるインドパキスタンレストラン・シャーリーマールの姉妹店だということを知りました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>