てんや わんや Tenya Wanya

ヒンディー、ウルドゥー語にエコーワード(echo words)またはライミングワード(rhyming words)というのが登場してくる。
「サッチ?(本当に?)」と言うだけでも十分通じるのに、わざわざ「サッチムッチ?(本当に?)」と言う。この場合の「ムッチ」がエコーワードであり、それ自体は特に意味を持っていない。他にもエコーワードを使った例には「ティーク ターク(元気だ)」、「バート チート(話)」、「チャーエ ワーエ(チャーエ)」がある。
先日、インド映画「Raincoat」(2004)を見ていたら、「ジャーパーン ワーパーン ケ バーレー メン キスネ バターヤー アープ コ」という台詞が出てきた。「ジャーパーン(日本)」もエコーワードが付いて「ジャーパーン ワーパーン」となってしまうのだなぁ! 
もし・・・天丼の「てんや」が、インド人の会話に登場して来た時、いつか勢い余って「てんや わんや」と発音されることがあるのだろうか・・・としようもないことを考えてみたりする。
    20050409-20050405baisakhi_smlsml.JPG       20050409-20050405baisakhi_smlsml.JPG       20050409-20050405baisakhi_smlsml.JPG
ベジタリアンのインド人ファミリーに連れられて、西葛西のガード下にある『てんや』に入った。
お恥ずかしながら、それが私にとっての『てんや』初体験だった。常連の彼らに倣ってオーダーしたのは『野菜天丼』。さつまいも、れんこん、なす、しめじ、かぼちゃにいんげんの天ぷらがご飯の上にのって500円。揚げたての衣がサクサクとして美味だった。
インド人夫婦はテーブルに備え付けられたタレをタップリかけ、七味をサラッとまぶして食べるのがお気に入りらしかった。また冷奴(90円)を頼み、ここにも七味唐辛子をサラッとかけて食べていた。冷奴の上にのっている長ネギや、タレに入っているダシは本来はNGなのだが、外食だからOKにしているらしかった。
食事をしながら、ベジタリアンの彼らでも行けそうなレストランについて尋ねられた。『てんや』のように安いレストランを教えてと言われたが、思いつくのは吉野家とか松屋といった牛丼を主力商品にしている所ばかり。ヒンドゥーの彼らにはオススメできない。また、精進料理のお店はないのかと訊ねられた。これもちっとも思いつかない。もし、あったとしても高そうだ。
ちなみに葛西のインド人はサーティワン・アイスクリームが好きらしく、ガード下にあるお店に群れているのをよく目にする。彼らはサーティワン・アイスクリームではなくBaskin Robbinsと呼ぶ。今まで知ラーなかった。


This entry was posted in 葛西のインド人. Bookmark the permalink.

13 Responses to てんや わんや Tenya Wanya

  1. 村岡久次郎 says:

    当社にはインド人社員がいます。
    奥さんは日本に来たばかりです。
    妙典にすんでいます。
    英語サイトはないのですか?

  2. kahkashaan says:

    西葛西から5駅の妙典に住むインド人も多いらしいですね。江戸川インド人会のイベントには妙典からいらっしゃった方も多く参加されています。
    英語はぼちぼち対応していこうと思っています。しばらくお待ちくださいませ。

  3. arukakat says:

    >今まで知ラーなかった
    これは最近の日本語でしょうか?
    どうも日本語の変化に疎くて・・・。
    Jaa ke keh do Din-e-Ilahi se!
    .
    .
    .
    .
    .
    今まで知ラーなかった

  4. kahkashaan says:

    某先生に
    「東京で誰かハールモーニヤムを弾ける人、知りませんキャー?」
    とメールをしたら
    「知ラーないです」
    と返事がきたことがありました。それが面白かったので密かに使ってます。
    多分、ラージャワーブの”ラー”の意味で無理して使ったんだと思う。

  5. 生捨 says:

    途中のパンジャーブの農民スタイル(独断)のオジサン3人衆がなかなか味わいのある空間を演出してますね!
    眺めているうちに段々とまさに“てんわわんや”な雰囲気に見えてきます。。。
    ついでに他のところでお返事をしそびれてた、例のホーリー計画ですが、、、
    “なんだかんだ”で結局企画倒れでした、無念です。。。

  6. kahkashaan says:

    チュプ・チャープしてらしたので西日本の卒業旅行から帰ってないのかと思ってました。
    >“なんだかんだ”で結局企画倒れでした
    そうだったんですか。じゃぁ、インド人が“押し合いへし合い”してた西葛西のホーリー祭に来れば良かったですね。

  7. mhek says:

    思い出しました。「パルソーン ワルソーン」「インディア・フィンディア」「アキスターン・パキスターン」
    そして、私は仕事で関西ホーリーパーティーには参加できませんでした・・・

  8. arukakat says:

    ヒンディー語動詞命令形は、ひとつの動詞につき基本的に5種類ありますね。
    ジャー
    ジャーオー
    ジャーナー
    ジャーイエー
    ジャーエーン
    これを日本語の動詞に使うときがあります。「飲む」を例に。
    飲む
    飲もー
    飲むなー
    飲みえー
    飲めーん

  9. kahkashaan says:

    mhekさん:
    私も思い出しました。「イシュク ヴィシュク」「ピヤール ヴィヤール」「プーチ ターチ」「ハール チャール」
    やっぱ、頻出単語ほどエコーワードがありますねぇ。
    >「パルソーン ワルソーン」
    ↑これは「ヘェー」でした。今度、使ってみよう♪ついでに復習ですが
     あさってはパルソーン
     しあさってはタルソーン
     やのあさってはナルソーン
     芥子菜は・・・サルソーン!!
    >「インディア・フィンディア」
    これも知ラーなかった。情報ありがとうございます。「アキスターン・パキスターン」は聞き覚えがあるかも。
    arukakatさん:
    >飲むなー
    ・・・言われた方は飲んでいいのか悪いのか迷いますなぁ。
    思い出すのはカラチ留学から戻ったばかりのA木K栄嬢の日本語。会話の中に動詞milnaaが普通に混じっていて
    「チケット買いに行ったけれどミレなかったよ」
    と言われた時、一瞬「ンッ!」となりました。

  10. bepari says:

    先ほどはチラッとお邪魔しただけだったんですが、また見せていただいてます。エコーワード勉強になりました!夫の母語ベンガル語でもバッチャ(子供)なんだけど、バッチャガッチャっていつも言ってんです。このエコーワード、フフフなんか楽しい♪Raincoatはヒンディー語に慣れようと思って時々店で片付けしながら観て(聴いて)ます。ベンガル語より聞き取れない(溜息)

  11. kahkashaan says:

    エコーワード、いいですよね。耳心地が良くて、私も好きです。
    >バッチャガッチャ
    教えてくださりありがとうございます。これ、ヒンディー語話者にも通じないかしら・・・?

  12. bepari says:

    パゴル(クレイジー)サゴル(やぎ)マゴル(意味なし)なんてのもありました!パゴルはヒンディーのパガルと同じですね。
    ところで、インド人学校について詳しく知りたいのですが、どこに連絡すればよいのですか?
    あと、ブログにHPのアド勝手にのせてしまいました。あんまりにもメヘンディがキレイなので…そうそう黒く色の出る(万博の)のやってみたいです。

  13. kahkashaan says:

    パゴル、サゴル、マゴルって、3連チャンで言うんですか!3連チャンのエコーワード、私も使ってみたいです。
    ヘンナのページ、紹介してくださり、ありがとうございます。インド人学校については、詳しくは私も知らないんですが別便でメールを送りますのでメアドをお知らせください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>