Ghoom Taana

一発目の記事はインド・パキスタン両国に関するものが良いと思っていた。そこで最近、両国の橋渡し的なアルバムを出したジュヌーンをご紹介することにした。私がジュヌーンを紹介するのはオコガマシイことと知りつつー・・・。
    ○      ○      ○
null

先月、パキスタンのロック・グループ「ジュヌーン」のギタリストであるサルマーン・アフマド氏が、インドで最新ミュージック・ビデオアルバム『Ghoom Taana』をリリースさせた。インド版ではないが、私もその話題のアルバムを手に入れた!ガーリブ先生のパキスタン土産だ。
『Ghoom Taana』の何が特別かと言うと印パ間の友好をテーマにしている点、インドとパキスタンの2都市で撮影された点、インドの有名アーティスト達が参画している点である。
ショートフィルム(ミュージック・ビデオ)のストーリーは、サルマーン・アフマド自身の体験をもとにして書かれている。今はラーホールに住んでいる彼の家族は、実は分離独立の時にパティヤーラー(Patiala。パンジャーブ州南東端の都市。)から移り住んで来たのだった。それから約半世紀。サルマーン・アフマドは老いた母親に、分離独立以来引き裂かれてしまった友から預かっているものを託される。彼は母の望みを叶えるべく、たった1通の古い手紙を頼りにパティヤーラーを目指して旅立つ。この旅のストーリーがGhoom Taanaの歌にのせて、サラリとした、且つ温かいタッチで描かれる。
『この物語は実際、僕みたいに両親がインド出身だったり、あるいはパキスタン出身だったりする何十万もの人々の物語でもあるんだ。』(サルマーン)
撮影はラーホールとパティヤーラーの2都市で行われた。古城や伝統的な邸宅のある風景が味を出している。撮影は、実際にパティヤーラーにあるサルマーン・アフマドの先祖の家「ハヴェーリー・ナムダル・ハーン」と、ラーホールにある生家が使われたらしい。
『僕らのおじいさんおばあさんの暮らしていた故郷は一体どんなだったか、というイメージを僕みたいな人の頭の中に描いてあげているんだ。その究極の目的は両国間を平和へと推し進めることなんだ。』(サルマーン)
歌にシュバー・ムドガルが参加し、ショート・フィルムの中ではナンディター・ダースが未亡人を演じ、ナスィールッディーン・シャーは手紙を読む声として参加している。皆、サルマーン・アフマドのプロジェクトに共感を覚え、そして彼のパーソナリティや音楽に惹かれた人たちだ。
ジュヌーンは「今どき」、音楽は世界を救うと信じて止まないバンド。サルマーン・アフマドの目は、純情さ、無邪気さで溢れている。かつては政治の腐敗を痛切に批判して発禁処分を受けたこともあった。今でこそ、あのムシャッラフがジュヌーンが好きだと公言しているが。(コイズミがX-Japanが好きと言うようなものか?)
・・・こんなことを聞いて、あなたはだんだんジュヌーンについて知りたくなりませんか??
日本一のジュヌーニー(ジュヌーン・ファン)シャラーブさんのサイトもよろしくどうぞ。

This entry was posted in 映画や音楽. Bookmark the permalink.

9 Responses to Ghoom Taana

  1. Tamon Yahagi says:

    > 歌にシュバー・ムドガルが参加し、
    > ショート・フィルムの中では
    > ナンディター・ダースが未亡人を演じ、
    ああ、これこないだTVで偶然みました。ナンディタ・ダスは好きな女優ベスト3に入るくらい好きなので、音楽よりもなによりも、ナンディタに釘付けでしたが…。
    こんどCDショップで探してみようっと。
    P.S.
    ロゴの部分を更新しましたよ。これでちょっとケヘ味っぽくなったかな?

  2. kahkashaan says:

    ロゴ、ありがとうございました。
    カリグラフィーを思わせるフォントが素敵だ!

  3. しゃらーぶ says:

    Kahkashaanさん、おひさしぶりです〜
    なななんと「Ghoom Taana」の素晴らしく詳しい紹介文が書いてあるのを発見!
    サルマーンさんはこんなことを言っていたのか・・とこちらを読んで初めて知りました。
    ありがとうございます〜
    このビデオのNanditaサンは本当にかわいらしいですね。
    あ。自分は全然日本一のジュヌーニーなどではないんですのよよよ・・・

  4. 日本一改め、世界一のジュヌーニーのしゃらーぶさん、お久しぶりです。
    ジュヌーンファンサイト再開されたのですね。(ホッ=3)
    インタビューは8月初旬に、BBC Urduに載っていたのです。

  5. しゃらーぶ says:

    > BBC Urduに載っていた
    そうでしたか。自分には読めなさそう(トホホ)ですが見てみます。ありがとうです。

  6. イイエ、イイエ
    やっぱジュヌーンのことはしゃらーぶさんにおまかせ!です。

  7. tsuyo says:

    はじめまして。今日放送されたNHK衛星第一の「世界のリポート」でジュヌーンが取り上げられており、興味を持ってこちらにお邪魔しました。日本でもファンが多いんですね。番組は途中から見たのですが、インドでのコンサート(感動的)や、たぶん『Ghoom Taana』と思われる音楽ビデオの撮影風景などが紹介されてました。再放送があるかもしれないので、もしご存じなかったらと思いコメントしました。
    私はカッワーリーが好きで現代ポップスは興味なかったのですが、断片的な演奏からも彼らの魅力や真摯さが伝わってきて、本格的に聞いてみようと思いました。

  8. kahkashaan says:

    tsuyo様、はじめまして。
    NHK衛星第一で取り上げられていたとは知りませんでした。再放送要チェックですね。
    情報をありがとうございました!

  9. しゃらーぶ says:

    またまたおじゃまします〜 tsuyo様、はじめまして。
    ジュヌーンが!!NHK BSで取り上げられたのですねー
    私も好きなので見られなかったのがものすごく悔やまれます〜
    その時間に「水曜どうでしょう」なんて録画している場合じゃなかったです。
    > 本格的に聞いてみようと思いました。
    彼らに興味を持たれたとのこと、とてもウレシイです。(^^)
    再放送が見たい!

Comments are closed.