恐るべし、インド系ITエンジニアJr.

 ITメディアにこんなニュースが掲載されていた。

§§§

小学5年生が設立したゲーム会社、650万ドルの資金獲得
ゲーム会社「PlaySpan」を設立したのは当時小学校5年生だったアージャン・メータ君。
 米PlaySpanは9月19日、650万ドルのシリーズA投資を獲得したことを明らかにした。出資者にはニューヨークを拠点とするEaston Capitalを筆頭に、シリコンバレーのMenlo Ventures、韓国のSTIC International、香港のNovel TMT Venturesが名を連ねている。
 同社はゲームパブリッシャーやデベロッパーと提携、自社開発のeコマースプラットフォームによってパブリッシャーらに収益を獲得する機会を提供するとともに、魅力的な仮想商品を販売して新規ゲームユーザーを増やし、既存ユーザーを維持するという事業を展開している。
 同社を設立したのは設立当時小学校5年生だったアージャン・メータ君。単にゲームを楽しむだけでなく、ゲームをプレイした分「ごほうび」がもらえたら、という発想からスタートしたという。
 アージャン君が2006年に自宅のガレージで始めたPlaySpanは、彼がオンラインゲームなどを販売して得た資金をもとに、2006年5月に法人化。2007年8月にゲームパブリッシャー7社と契約し、同年9月にはプラットフォームのα版をリリースしている。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/22/news021.html

§§§

 職業柄、「アージャン・メータ」という名前に嫌な予感というか、ピンと来るものがあった。これはもしかしてインド人の名前「Arjun Mehta(アルジュン・メヘター)」の誤読ではないか・・・。調べてみたら、その勘はドンピシャだった。

20070925-photo0123.jpg
アルジュン・メヘター君

Continue reading

Posted in 雑談 | Leave a comment

猿の猿退治

 1週間前、こんなニュースがYahoo!ニュースに掲載されていた。

§§§

 [ニューデリー 17日 ロイター] インドの首都ニューデリーにある国際空港で16日、サルが警備区域に侵入し、自然保護当局の関係者が捕獲に苦戦したため、要人用のラウンジが一時閉鎖された。警備関係者が17日明らかにした。
 サルは、同空港の国際線出発ターミナル内を走り回ったため、同ラウンジの一部が1時間以上にわたって閉鎖された。
 自然保護当局の関係者は、果物を与えてサルを網を仕掛けた場所へ誘導。16日夜にはある程度混乱が生じたものの、現在サルは隔離されているという。
 関係者によると、同空港では建設作業が進められており、サルは天井に開けられた穴から侵入したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070917-00000151-reu-ent

§§§

 この猿、1週間経った後もまだ空港に閉じこもっていたらしい・・・。

Continue reading

Posted in 雑談 | Leave a comment

押しかけ女房

 9月17日と18日のヒンドゥスターン紙に気になるニュースが掲載されており、続報を楽しみにしていたのだが、その後何も報道されないので、とりあえず今までの経緯をまとめてみようと思う。
 まず、インドにはガウナーまたはビダーイーと呼ばれる習慣があることを抑えておかなければならない。地方にもよるが、インドでは花嫁は結婚式の後にすぐ花婿の家に行かないことがある。花嫁が花婿の家に行くときには、改めてガウナーという儀式が行われる。結婚式とガウナーの間には通常1年の期間が置かれるが、数年の隔たりがあることもある。これは昔、子供の頃に結婚式が行われていたこともひとつの理由であろう。つまり、シャーディー(結婚式)が今で言う婚約式みたいなもので、ガウナーが結婚式のようなものだ。
 事件は以下のような経緯である。
 ウッタル・プラデーシュ州ジャウンプル県のラージャープル村に住むモーニカー・ドゥベーは、1998年にバダウンワーに住むヴィカース・ミシュラと結婚した。花婿の家族は2年後にガウナーをすると約束した。だが、いろいろな言い訳をされてなかなかガウナーをしてもらえなかった。結局9年経っても花婿の家からお迎えは来なかった。そんな中、ヴィカースが別の女性と結婚していたことが発覚した。モーニカーの父親は裁判所に訴えたが、ヴィカース側は話し合いに応じようとしなかった。
 そこでモーニカーは9月9日に、両親や親戚など一族郎党を引き連れてバスに乗り、バダウンワーのヴィカースの家に押しかけた。だが、ヴィカースの家には錠がかかっており、中には誰もいなかった。モーニカーたちがやって来ることを知って、一家はどこかへ逃亡してしまったのである。この騒動を聞きつけた女性団体スワダーラー・ヨージュナーのプラティマー・スィン会長とその仲間の女性活動家たちも、モーニカーの支援をした。
 モーニカーたちは地方行政長官オフィスへ行き、座り込みを行って正義を求めた。だが、行政長官も何も手を打つことが出来なかった。そのため、モーニカーは行政長官に対し、もし17日までに夫が帰って来なかったら、錠を破壊して家に入り込むと宣言した。なぜなら彼女はヴィカースの正当な妻であり、ヴィカースの家の住人であり、家宅侵入罪にはならないからである。モーニカーはバーラート(結婚式参列者のパレード)を引き連れて村を一周し、最後にヴィカースの家へ行った。

20070923-photo0120.jpg
紫色のサーリーを着ているのがモーニカー

 

Continue reading

Posted in 雑談 | Leave a comment

ムンバイーの広告合戦

 9月2日付けのヒンドゥスターン紙に面白い記事が載っていた。

20070903-photo0116.jpg

 まずはジェット航空がムンバイーのある場所に広告用の看板を出した。そのキャッチフレーズは「We’ve Changed(私たちは変わった)」。

Continue reading

Posted in 雑談 | 2 Comments

デリー乞食調査

 8月27日付けのヒンドゥスターン紙に、デリー大学ソーシャルワーク学科による、デリーの乞食調査の結果が掲載されていた。
・デリーの乞食の数は58,570人。
・その内、18歳未満の乞食の数は18,000人(29%)。
・その内の半分は、食べ物や衣服のために乞食をしている。
・子供の乞食の21%は、乞食か友人の影響で乞食をするようになった。

Continue reading

Posted in 雑談 | 2 Comments

金持ちのお抱え運転手、実はご主人様より大金持ち?

 8月29日のヒンドゥスターン紙に興味深い記事が掲載されていた。
 デリーには、銀行口座に何千万ルピーもの預金がありながら、裕福な家庭のお抱え運転手をして生計を立てている人がいるらしい。

Continue reading

Posted in 雑談 | Leave a comment

クトゥブ・ミーナール、インド最大の観光地に

 7月25日付けのヒンドゥスターン紙を読んで驚いたのだが、2006年、インドの観光地の中で最大の入場者数を誇ったのは、デリーのクトゥブ・ミーナールだったらしい。
 インドの有名観光地と言えば、十人中九人はアーグラーのタージマハルを思い浮かべるだろう。入場者数も当然インドで一番かと思っていたが、実は必ずしもそうではないようだ。

Continue reading

Posted in 雑談 | Leave a comment

ボリウッド・ツーリズム

 昨今のインドの観光業界では、新趣向の「ツーリズム」がいくつも登場している。アドベンチャー・ツーリズム、メディカル・ツーリズム、ティー・ツーリズム、エコ・ツーリズム、ヨーガ・ツーリズム・・・そして遂に、ボリウッド・ツーリズムなるものまで登場したらしい。6月7日付けのヒンドゥスターン紙サプリメント、メトロ・リミックスに特集がしてあった。

Continue reading

Posted in 映画と音楽 | Leave a comment

アイシュワリヤー、マーングリク除去のブランドアンバサダーに

 インドでは散々報道されているが、4月20日、アビシェーク・バッチャンとアイシュワリヤー・ラーイはめでたく結婚した。父アミターブ・バッチャンは押しも押されぬ「ボリウッドの皇帝」。アビシェークは今一番勢いのある男優である。そして母ジャヤーも最近ではお母さん女優として時々映画に出演している。こうしたことから、バッチャン家のブランドバリューは70億ルピーと算出されていた。そのバッチャン家に、ジュリア・ロバーツに「世界で最も美しい女性」と言わしめ、国際的に活躍している女優アイシュワリヤー・ラーイが嫁ぐことになった。アイシュワリヤーのブランドバリューは50億ルピーと言われている。つまり、アビシェークとアイシュワリヤーの結婚により、バッチャン家のブランドバリューは120億ルピーに跳ね上がったことになる。
 ネルー・ガーンディー王朝という観点でもこの結婚は普通の結婚ではない。公然の秘密だが、アミターブ・バッチャンはジャワーハルラール・ネルー初代首相の隠し子である。インドでは長男を後継者として重視する傾向が強い。ネルーの後を継いだのは娘インディラー・ガーンディーだが、もしバッチャン家が血筋の正統性を主張すれば、ソニア・ガーンディー国民会議派党首の血筋は傍系ということになってしまう。つまり、アビシェークとアイシュワリヤーの間に生まれる子供は、もし封建主義の社会ならば(インドではまだ封建主義は完全に終わっていない!)、インドという王国の正統な王位継承者なのである。

Continue reading

Posted in 雑談 | 13 Comments

デリーで交通違反罰金値上げ

 3月27日付けのタイムズ・オブ・インディア紙によると、最高裁判所の命令により、交通違反の罰金が4月9日から一律500ルピー値上げになるようだ。以下、その一例。
 信号無視 100ルピー→600ルピー
 停止線超過 100ルピー→600ルピー
 曇りガラス 100ルピー→600ルピー
 不適切なナンバープレート 100ルピー→600ルピー
 駐車違反 100ルピー→600ルピー
 速度超過 400ルピー→900ルピー
 シートベルト無着用 100ルピー→600ルピー
 禁止区域での警笛使用 100ルピー→600ルピー
 飲酒運転 185ルピー→685ルピー
 危険走行 1000ルピー→1500ルピー
 運転中の携帯電話利用 1000ルピー→1500ルピー

Continue reading

Posted in 雑談 | 4 Comments