Category Archives: 映画と音楽

ラジニーカーント、フランス映画出演?

 日本で俄かインド映画ブームを巻き起こしたタミル映画界のスーパースター、ラジニーカーントが、今度はフランス映画に出演するらしい。・・・と言っても、かなり限定的な出演ではあるが。  6月2日付けのタイムズ・オブ・インディア … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | 2 Comments

ボリウッド若手俳優の値段

 4月9日付けのサンデー・タイムズ・オブ・インディア紙に、ボリウッドの若手俳優の出演費の高騰が報じられていた。今、あの俳優はいくらギャラをもらっているのか、とても貴重な情報だったので、ここに転載する。 ジョン・アブラハム … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | Leave a comment

【再送】パーキスターンでインド映画上映可能に

 1月22日付けのサンデー・タイムズ・オブ・インディア紙によると、パーキスターンでもインド映画の上映が可能となるらしい。  パーキスターン映画制作者協会のサイイド・リズヴィー会長は、「パーキスターン検閲局は20日、インド … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | 5 Comments

【再送】ヒンディー・ソングを歌う中国人歌手

 ラージ・カプールの古典的名作「Awara」(1951年)は、インドのみならず海外でも大ヒットした。特にソビエト連邦でのヒットは有名で、「Awara」で主演したラージ・カプールとナルギスは、ソ連でも大人気となった。東欧や … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | 5 Comments

インド人クンフーマスター

 2月28日付けのデリー・タイムズ・オブ・インディア紙によると、中国の少林寺で拳法を学び、現在インドでクンフーを教えているカニシュカ・シャルマーというインド人がいるそうだ。 カニシュカ・シャルマー

Posted in 映画と音楽 | Leave a comment

サルマーン=ヴィヴェーク バーイー・バーイー

 日本には、「さげまん」という言葉がある。また、日本には「穴兄弟」という言葉もある。インドにもそういう概念があるのだろうか?  2月2日付けのデリー・タイムズ・オブ・インディア紙によると、サルマーン・カーンがヴィヴェーク … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | 4 Comments

遂にDVDにヒンディー語字幕が!

 先日、「Parineeta」(2005年)のDVDを店頭で見かけたので購入した。「Parineeta」は、ベンガルの文学者シャラトチャンドラ・チャットーパディヤーイの小説を原作とした映画で、2005年のボリウッドの中で … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | 4 Comments

遂に韓流の波がインドに!?

 今日はPVRアヌパムで、8月12日から公開された映画「Arahan」を見た。普段、インド映画の批評は本家「これでインディア」に書いており、また、ハリウッド映画を見たときはほとんど言及すらしていないが、この映画に関しては … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | 2 Comments

Shabnam Mousi

 今回、日本に帰る前に偶然、映画「Shabnam Mousi」のDVDを発見したので買って持って来た。この映画は、「これでインディア」本編の2004年11月1日の日記で紹介したことがある。今年の5月に一般公開されたのだが … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | 1 Comment

ボリウッド映画も禁煙に

 インドはいつもやることが極端で時々困ってしまうのだが、またも極端なことが行われようとしている。8月1日から、映画やTVドラマの中で、タバコそのものや、登場人物がタバコを吸うシーンを映すことが禁じられるらしい。また、この … Continue reading

Posted in 映画と音楽 | 1 Comment