40年間風呂に入っていない聖人

 5月11日付けのメトロプラス(ザ・ヒンドゥー紙の折込版)に、40年間風呂に入っていない聖人のことが載っていた。

20060511-photo0106.jpg


 その聖人の名前はアーチャーリヤ・ヴィジャイ・ラトナスンダルスリー。マディヤ・プラデーシュ州ラトラームを拠点とする宗教指導者のようだ。彼はなんと、19歳のときに出家して以来、40年間風呂に入っていないらしい。まるでねずみ男のような聖人である。しかも、彼が実践している行(?)はそれだけに留まらない。

  • 電気を使わない
  • TVを見ない
  • 電話を使わない
  • 肉欲に興味を示さない
  • 10〜15日に1回しか衣服を洗濯しない

 上から3つは、「文明への抵抗」ということで、我々凡人にも理解しやすい。上から4つめは聖人としての基本であろう。しかし、最後の「10〜15日に1回しか衣服を洗濯しない」というのは、修行のカテゴリーに入るような行為なのだろうか?40年間風呂に入っていないことと考え合わせると、ただの不潔な人なのではないかと突っ込みたくなってしまう。
 また、ラトナスンダルスリー氏は今まで、働く女性、政治、クリケット、社会問題、メディアなどに関して約200冊の本を著したという。文明の利器を使わない割に、その興味は現代社会に向いているように思える。
 そのラトナスンダルスリー氏がなぜニュースになっているかというと、今回、本拠地のラトラームからはるばるデリーとグルガーオンへ赴いて講演を行ったからである。もちろん列車とか使わずに歩いて来たんだろうな、と意地悪な質問をしたくなる。
 彼は主に教育に関して自論を展開したようだ。彼によると、世界には3種類の人間がいるらしい。第一のタイプは、良い結果を求めようとする人間、第二のタイプは、良いことをしようとする人間、第三のタイプは、良くあろうとする人間。英語や日本語ではきれいに表現できないが、おそらくヒンディー語では「アッチャー・パーナー、アッチャー・カルナー、アッチャー・ホーナー」ということであろう。もちろん、良い結果のみを追求する人間よりも、良い行動をしようとする人間の方が優れており、行動だけ良いことをしようとする人間よりも、根本的に良い人間の方が優れている。
 氏の主張によると、現在、第三のタイプの人間は人類の1%しかいないらしい(世界の人口を70億人とすると、7千万人?)。ラトナスンダルスリー氏は現在の堕落した社会と教育システムを批判し、特に人格育成よりもキャリア重視の教育システムを諸悪の根源と非難し、「人格形成なしの学位など何の役に立つのか?」と問いかけた。また、氏の批判の矛先は性教育にも向いている。彼は、「自然に教わるものをどうして教える必要があろうか?」と述べている。
 ラトナスンダルスリー氏の意見はどうあれ、やはり興味が行ってしまうのは、氏の「荒行」のことである。彼はなぜ風呂に入らないことや洗濯の回数を少なくすることに神性を見出したのであろう?そしてさらに興味をそそられるのは、40年間風呂に入っていない人ってどんな匂いがするんだろう・・・ということだ。彼の弟子たちももしかしたらみんな風呂に入っていないのだろうか?とすると、彼の教団はさぞやかぐわしいことであろう・・・。

This entry was posted in 雑談. Bookmark the permalink.

3 Responses to 40年間風呂に入っていない聖人

  1. says:

    インド人は極端ですね。
    この前カジュラホへ(始めて)行った時ジャイナ教寺院を見てきました。裸行派でティルタンカラ(アディナートと呼んでた)の像は勿論衣服なしの修行者の写真がたくさんありました。最近の若い僧が聴衆の前で説教しているブックレェット売ってました。勿論ハダカです。日本人は穏やか、悪く言うとイイカゲン妥協ばっかり。インド人の徹底した思考・行動と対照的出すね。

  2. arukakat says:

    ジャイナ教徒の空衣派が裸なのは、所有欲の排除を達成する目的の他、何があっても興奮しないということをみんなに示しているみたいですね。
    でも、空衣派の人がデリーに来ると、必ず警察が付き従っているような気がします。現代法的には裸で公共の場を歩くのは禁止なのでしょうが、宗教的には重要なことなので、警察が護衛&監視に付くということで妥協が図られているのではないかと考えたことがあります。

  3. says:

    ジャイナ教徒は現代の様々な問題についてどんな考えをもっているのか知りたくて「若い僧(修行者)」Muni Tarunsagarमुलि श्री तरुणसागर の説教のブックレットを買ってきましたが、この人はインドで注目されているジャイナ教徒の聖人なんでしょうか?"Revolutionary Saint"とありますが。

Comments are closed.