ボリウッド・スターのコミック発売へ

 4月2日付けのサンデー・タイムズ・オブ・インディア紙によると、ボリウッド・スターを主人公にしたコミックがインドで今月から発売されるらしい。

20060404-photo0096.jpg
ボリウッド・コミック


 とは言っても、ボリウッドを舞台にした漫画という訳ではなく、漫画の主人公がボリウッド・スターそっくりになっているだけである。よってストーリーはそれぞれのスターとは関係ない。まずはサイフ・アリー・カーンそっくりのキャラクターが主人公の「The Ultimate Change」が発売され、次にシャールク・カーン、アイシュワリヤー・ラーイ、ラーニー・ムカルジーにそっくりのキャラクターが主人公の「The Naughty Lover」が発売されるらしい。
 仕掛人はスディール・セヘガルという人物。ボリウッド・スターを漫画のキャラクターにしようと思い立った直接の原因は、インドにおけるコミックの売り上げの減少のようだ。2005年の統計によると、インドの漫画の代名詞とも言えるアマル・チトラ・カターの「Tinkle」という漫画雑誌は、1ヶ月の発行部数が全盛期の10万部から4万部に減少し、「Diamond Comics」という漫画雑誌は全盛期の250万部から140〜150万部に減少した(インドの漫画雑誌の発行部数データはレアかも)。
 そこで、自身も大の漫画ファンというセへガル氏は、インドのみならず、世界2500万人のNRI(在外インド人)にも人気のボリウッド・スターを主人公にしたコミックを売り出して漫画の読者層を拡大しようと思い立ったようだ。メイン・ターゲットは子供たち。セへガル氏は、性描写や暴力描写を避け、何らかの社会的メッセージを盛り込んだコミックにしていきたいと抱負を語っている。
 ところで、ボリウッド・スターが漫画のキャラクターのモデルになったのはこれが初めてではないらしい。1980年代に売られていた「Supremo」という漫画の主人公は、アミターブ・バッチャンがモデルになっていたという。
 もし書店などでこのコミックを目にしたら、是非購入して報告しようと思う。
 ところで、かつてこのブログで「漫画ラーマーヤナ」というコミックを取り上げたことがあった。時々本屋などでこれが売られていないか確認するのだが、未だにお目にかかったことがない。いったい発売されているのだろうか?

This entry was posted in . Bookmark the permalink.