隼?

 今日、音楽店へ行ったら、いろいろDVDが発売されていたので、気に入った映画のものを購入した。「Lakshya」「Hum Tum」「Dhoom」である。アドナーン・サミーの新譜も併せて購入。
 ところで、今年意外にヒットしたのが「Dhoom」である。スズキの大型バイクが駆け回る痛快映画で、僕はとても楽しめたが、バイクを「ただの道具」として見ているインド人に、バイク野郎たちの心意気が分かるか果たして疑問だった。ところが意外や意外、映画は大ヒット。インド人のバイクを見る視点にもいくらか影響を与えたようだ。
 その顕著な例が、インドの道を走り始めた「ハヤブサ」である。「Dhoom」の中でジョン・アブラハムが乗り回していた、市販バイクの中で最も速いと言われる1500ccのバイクが「ハヤブサ」である。

20041031-photo0002.jpg
「Bhoom」に登場するハヤブサ


 もちろん、本物のハヤブサが走っているわけではない。輸入したらとんでもなく高額になってしまうだろう。ではどうするかというと、インドで売られているバイクを無理矢理ハヤブサに変えてしまうのだ。
 最近僕の家の回りによく出没するハヤブサは、100ccくらいのインドのバイクに、夏休みの自由工作みたいなカウルやカバーが取り付けられたもので、側面に見よう見まねの漢字で「隼」と書かれている。傑作過ぎて笑いが止まらなかった・・・。インド人のやることはやっぱりすごい。
 ここのところ放送されている、どこかの靴のメーカーのTVCMでも、サルマーン・カーンが銀色のハヤブサに乗って登場するものがある。俄かにハヤブサが社会現象となりつつある予感である。
 蛇足だが、現在ジャッキー・チェンがバジャージ社の新しいバイク、ディスカバリーのTVCMに出演している。ジャッキー・チェンは現在、ハンピで新作映画のロケ中。

This entry was posted in バイク. Bookmark the permalink.

One Response to 隼?

  1. 【の】 says:

    [二輪車] 映画レビュー 「DHOOM」 – 2004年・インド映画

     海外旅行先のDVDショップでこのディスクが並んでいるのを発見し、パッケージのハヤブサ&1200バンディットを見て即買した。タイ語吹替で歌はヒンズー語のインド映画、日本に帰ってから観てみた。ハヤブサが登場す…

Comments are closed.