これでインディア エクスプレス Launching Party

 インド新世代の旗頭、Indo.toの矢萩多聞氏からブログの場を提供していただき、こちらの無理な要望に合わせてシステムを改善してくれたおかげで、ここにめでたく「これでインディア」のブログ版、「これでインディア エクスプレス」を立ち上げることができた。多聞氏には常に頭が上がらない思いでいっぱいである。


 元々「これでインディア」をブログ化する計画は個人的に温めてはいたのだが、既にhtml形式による自分のスタイルを確立してしまっていたので、そこからブログへ移行することはスケールダウンを意味し、わざわざそんな改悪をする必要はあるのか、となかなか実行に移せずにいた。多聞氏の提案はそのきっかけを与えてくれたが、果たしてどれだけブログで自分のスタイルを保持できるか、依然として不安だった。
 いろいろ試行錯誤した結果、「これでインディア」よりも肩の力を抜いた、より日常生活に密着した事柄を、このブログで表現していくことに決めた。サイト名も悩んだが、「これでインディア エクスプレス」で落ち着いた。
 「これでインディア」の日記は、3年続けている内に次第にコラムのような形態へ変化しつつあり、毎回必ず読者に何か新しい提案、情報、知識、意見を提供せねば、と気負うようになってしまった。気負う、と言っても、インドに関していろいろ書くのは楽しいので、ストレス解消にもなっているのだが、最近残念に思うのは、だんだんインドの日常からかけ離れた内容になってしまっていることだ。JNUに入学して以来、勉強が忙しいこともあるのだが、3年もインドに住んでいると、毎日の些細なことに新鮮さを感じなくなってしまったことが大きいだろう。昔の「これでインディア」は毎日更新をモットーとしていたため、日常の何でもないことでも積極的に記入していた。それを高く評価してくれた人も多いのだが、現在では敢えてもっと知的好奇心に訴えかけるような事項を選択して日記にしている。
 この「これでインディア エクスプレス」では、昔の「これでインディア」にあった生活密着性を少しでも復活させようと思っている。おそらく、本編と合わせて読んでもらえば、インドのことがよりよく分かると同時に、僕の思想の背景も何となく浮き彫りになるのではないかと思う。
 なお、試験運転中にいくつか書き込みをしてくれた方がいるが、残念ながらあのときとは方針を転換してしまったため、過去の記事は全て消去してしまった。また何かコメントを寄せたいことがあったら、めげずに書いていただきたいと思う。

This entry was posted in 告知. Bookmark the permalink.

5 Responses to これでインディア エクスプレス Launching Party

  1. says:

    祝。ブログオープンおめでとう!B6、L氏の所でお会いしましたKです。日本に居ながらアーユルヴェーダの仕事をしているのでインドからは当分足を洗えません。日記を読むたびにああ、インドに戻りたいと思いつつ、インドの智恵を日本人に説いて回る毎日。アルカカットのインドの視点にとても共感します。いつも楽しみにしてます。ずっと続けてくださいね。

  2. yoshimitsu(yoshio) says:

    too late to catch up with

  3. yoshio(yoshimitsu) says:

    It snowed in Toyohashi !!
    Happy birthday, my dad !!!
    God is with us and I’m sending
    my last message as an small person
    for my followers…I need some good
    spirit back again, I feel.
    So, allora, watch me NEW !!!!
    from yoshio to yoshio

  4. 植村昌夫 says:

    「これでインディア」偶然に発見。頑張っておられますな。後生畏るべし。私はインドへ行ったこともなし、できる言葉は英語だけでヴェド・メータのMahatma Gandhi and his Apostlesを翻訳するという図々しいことをしました。『ガンディーと使徒たち』新評論2004年刊。印度文学館あたりから少しずつ読ませていただきます。

  5. arukakat says:

    偶然に発見していただきありがとうございました。植村さんのブログを読ませていただきました。「インド独立の父」マハートマー・ガーンディーのあまり語られない一面、興味深く読ませていただきました。もしインドに興味をお持ちでしたら、是非一度インドにいらっしゃって下さい。

yoshio(yoshimitsu) への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>